@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チロエ島【チロエとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チロエ島
チロエとう
Isla de Chiloé
チリ南部西岸沖にある島。海岸山脈が沈降してできた島で,北はチャカオ海峡,東はコルコバド湾によって本土と隔てられ,西は太平洋に面する。南北約 180km,東西約 60km。面積約 8400km2偏西風帯にあって雨が多く,年降水量 5000mmに達し,世界最多雨地域の一つとなっている。古くからインディオが住んでいたが,1567年スペイン人が占領,1826年まで支配。独立戦争時にはスペイン側の最後の拠点となった。内陸部は密林に覆われ,開発が進んでいないが,沿岸部にはアンクドカストロをはじめとする町や集落があり,それらを結ぶ道路が通じている。主産業はジャガイモ穀物などの栽培とヒツジウシなどの飼育で,漁業林業も行なわれる。島内には 17~18世紀のイエズス会布教活動時に建設された木造教会があり,2000年世界遺産の文化遺産に登録された。人口6万 7821 (1982推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チロエ‐とう〔‐タウ〕【チロエ島】
Isla de Chiloé》チリ南部、太平洋岸の島。ロスラゴス州に属す。本土とはチャカオ海峡とコルコバド湾によって隔てられる。主な都市は、東岸のカストロと北西岸のアンクー。16世紀後半よりスペイン人の植民がはじまり、イエズス会が建造したチロエ様式とよばれる木造の教会が多数残っている。2000年に「チロエの教会群」の名称世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チロエ島
ちろえとう
Isla de Chilo
南アメリカ、チリ南部の群島地方の北端に位置する島。チリ海岸山脈の南方延長にあたり、幅2キロメートルほどのチャカオ海峡で本土と隔てられている。面積約9000平方キロメートル。島の西部の山地には森林が残るが、東部の丘陵地では耕地が広く開かれ、小麦とジャガイモの栽培が盛んである。東部の海岸には、島の中心都市カストロCastro(人口3万9073。2002国勢調査速報値)をはじめ漁業集落も多い。北岸のアンクドAncudには、植民地時代に大陸南端回りで侵入してくる外国船を監視する要塞(ようさい)が置かれていた。また、当時イエズス会宣教師により建設された教会が残り、このうちの14の教会などを含む教会群が2000年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。イギリスおよび北ヨーロッパ系の住民が多い。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チロエ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チロエ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation