@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チワワ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チワワ
Chihuahua
メキシコ北西部,チワワ州州都。同州のほぼ中央,西マドレ山脈の東縁をなす山地に囲まれ,北に向って開いた標高約 1420mの谷に位置する。すでに 16世紀にスペイン人が入植していたが,町が建設されたのは 1709年で,その後植民地時代を通じて鉱山町として栄えた。アメリカ=メキシコ戦争 (1846~48) 中,2度にわたりアメリカ合衆国軍に占領された。現在は鉱業中心地としてのほか,牧牛地帯の商工業中心地として繁栄。金属,合成繊維,製材,食品加工などの工場が立地。市内には 18世紀のメキシコ建築の典型をなす聖フランシスコ聖堂,市で処刑されたメキシコ独立運動の指導者 M.イダルゴ・イ・コスティリャの記念碑,チワワ自治大学 (1954) などがある。メキシコ北部の交通の要地で,国境の町シウダードフアレスからメキシコ市へ通じる南北方向の幹線道路,鉄道と,東西方向の鉄道が市で交差する。人口 53万 487 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チワワ
Chihuahua
イヌの1品種。メキシコ産の愛玩犬で,イヌのなかで最も小さい。性質はおとなしく,ペットとして好まれる。体高 13cm,体重 0.5~2.7kg。頭部は丸く,吻は肉薄で,大きな立耳をもつ。は丸い。四肢は細く,上方か背上に丸める。短毛種と長毛種があり,毛色は白,茶,黒,ぶちなどいろいろある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チワワ(Chihuahua)
メキシコ北部、チワワ州の都市。同州の州都。標高約1500メートルの高原に位置する。18世紀初頭に建設され、鉱業と牧畜業で発展。現在は商工業の中心地であり、チワワ太平洋鉄道で太平洋側のロスモチスと結ばれる。犬種チワワの原産地として知られる。
家畜の犬の一品種。最も小形の犬で、体高約20センチ、体重0.5~3キロ。短毛だが長毛種もあり、耳は立っている。メキシコの原産で、愛玩用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

チワワ【Chihuahua】
メキシコ原産の世界で最小の純血種犬。体重1.5~3kg。500g未満、3kg超は品評会失格となる。スムースヘアーとロングコートヘアーがある、家庭愛玩犬。トルテカ文明時代のテチチと呼ばれる、に似た小さな犬がといわれている。JKCでは、第9グループ(愛玩犬)に分類する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チワワ【Chihuahua】
メキシコ北部,アメリカ合衆国と国境を接する同名州の州都。人口51万6153(1990)。西シエラ・マドレ山脈中の標高1400mに位置し,年平均気温は18.7℃,年降水量は333mmで変動が大きい。18世紀初めに建設され,鉱山業の中心都市として,また19世紀を通じての大農園,大牧場(アシエンダランチョ)の拡大とともに成長。1811年,独立運動の英雄M.イダルゴがこの地で処刑され,1920年代の革命期にはF.ビリャが活躍するなどしばしば歴史の舞台となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チワワ【Chihuahua】
イヌの一品種。メキシコ原産。体高12センチメートルほどで、イヌの品種としては最小。短毛種と長毛種があり、毛色は白・クリーム・黒・赤など多様。愛玩犬とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チワワ
〘名〙 (Chihuahua) 犬の一品種。メキシコ原産で、スペイン征服以前からアステカ王国で飼われていたとされる。体重二キログラム前後。世界のイヌのうち最も小さい。短毛種と、耳・あし・尾に飾り毛のある長毛種とがある。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉一〇「チワワというと、〈略〉サントロペに避暑にくる金持老婦人がかかえて歩くといかにもサマになる感じである」
[補注]メキシコのチワワ州が産地として知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チワワ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チワワの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation