@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チンワルド雲母【チンワルドうんも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チンワルド雲母
チンワルドうんも
zinnwaldite
リチウム雲母の一種。 K2(Fe1~2,Li2~3,Al2)(Si6~7Al2~1O20)(F3~2,(OH)1~2) 単斜晶系。比重 2.9~3.02。硬度 2.5~4。ガラス光沢。淡紫色,黄色,褐色,暗灰色など。六角板状結晶。ペグマタイトや深成熱水鉱脈中にスズ石,トパーズ,その他のリチウム鉱物などと共生して産出する。名称はドイツのチンワルド Zinnwaldのスズ鉱脈から発見されたことによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チンワルド雲母
ちんわるどうんも
zinnwaldite

雲母の一種で、金(きん)雲母や白(しろ)雲母に似た外観をもつ。化学組成上シデロフィル雲母とポリリシオ雲母の系列にある。六角板状結晶で、しばしば肉眼的な累帯構造をもつが、これはリチウム含有量の変化といわれている。花崗(かこう)岩ペグマタイト中に、煙水晶、トパーズなどと大きな結晶をなすほか、グライゼン中に微細な葉片状結晶集合体として産する。英名は、錫(すず)を産することで有名なボヘミアのチンワルトZinnwald(Zinnはドイツ語で錫)から命名された。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チンワルド雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チンワルド雲母の関連情報

関連キーワード

トロイライト磁硫鉄鉱磁硫鉄鉱硫化鉄鉱硫化鉄鉱物アルメル・クロメル磁硫鉄鉱マンガン硫化物ビュスタイト(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation