@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チン丘陵【チンきゅうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チン丘陵
チンきゅうりょう
Chin Hills
ミャンマー西部,インドとの国境にある山岳地帯。南はラカイン山地,北はマニプール山脈に続く。平行に走るいくつかの山脈から成り,2000~3000mの山が連なる。最高点は南部のビクトリア山 (3053m) 。峻険で,急流が深い谷を刻む。降水量は多く,密林が広がり,平地には密生した竹林が多い。歴史的にインドとミャンマー民族,文化の境界をなしてきた。チン族と総称される山岳民族が住み,焼畑農業などに従事する。おもな農産物は,トウモロコシ,ジャガイモ,ムギ,果物。行政的にはチン州を形成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちんきゅうりょう【チン丘陵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チン丘陵
ちんきゅうりょう
Chin Hills

ミャンマー西部、インドとの国境をなす山地。北はナガ丘陵に、南はアラカン山脈に連なる。第三紀の褶曲(しゅうきょく)山地で数条の険しい山脈が並行。「丘陵」と称するが2000メートルを超える山地が多く、最高点は南部のビクトリア山(3053メートル)。チベット・ビルマ系の民族集団チンが住み、焼畑(トウモロコシ)や狩猟などに従事している。行政上はチン州を形成し、一般に人口は希薄である。

[別技篤彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チン丘陵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チン丘陵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation