@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)【ツェワン・アラプタン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)
ツェワン・アラプタン
Tse-wang Araptan
[生]1665?
[没]1727
ジュンガル・ハン国第5代のハン (在位 1697~1727) 。姓はチョロス。 1697年抗争関係にあったガルダン (噶爾丹)の死後即位。西方経営に従事し,サマルカンド,ブハラからも貢納を取った。 1701年ボルガ・カルムイクの内紛に乗じ,王権を拡張。 17~19年チベットが清朝の保護下に入るのを恐れて遠征軍を送ったが失敗,20年和議を結んだ。同じ頃ロシア軍とも戦い,これを撃退。治世中ジュンガルの農業,工業,商業が栄え,ジュンガル王国に全盛期をもたらした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)の関連情報

関連キーワード

ニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史ニュートンタロン解析学フック(Robert Hooke)山鹿素行流渡寄場英蘭戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation