@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツガザクラ(栂桜)【ツガザクラ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツガザクラ(栂桜)
ツガザクラ
Phyllodoce nipponica
ツツジ科の高山性の常緑小低木で,本州と四国の高山帯に生じ,いわゆる乾性お花畑の構成種である。高さ 10~15cm,ときに 25cmに及ぶ。下部は横にはい,分枝して上部は直立する。葉は長さ5~8mmの線形で,上面は濃緑色,下面は帯褐色で縁に微鋸歯があり,茎に密に生する。7月頃,枝の先端から2~3の花柄上方に伸ばし,淡紅色で可憐な鐘状花を横向きにつける。 蒴果は小さくて上を向く。葉が針葉樹ツガに,花の色がサクラに似ているとして名がつけられている。本州中部以北と北海道の高山には同属のアオノツガザクラ P. aleuticaがあり,全体にやや大型で花は緑白色で壺形をしている。この種はアジア東北部の寒帯や高山に広く分布している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツガザクラ(栂桜)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツガザクラ(栂桜)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation