@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツキジデス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツキジデス
Thoukydidēs
古代ギリシアアテネの政治家。メレシアスの子。姻戚キモン死後,彼に代って寡頭派の指導者となる。平和時も戦争時も活動的で,アテネと広くギリシアに影響力を有した。デロス同盟資金をアテネの神殿建設に流用したとしてペリクレスを攻撃。両者の政争は,前 443年にツキジデスの陶片追放 (オストラシズム ) により決着した。 10年後アテネに戻ったが,影響力を失っていた。歴史家ツキジデスの母方の祖父であったらしい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツキジデス
Thukydidēs
[生]前460頃.アテネ
[没]前400頃
ギリシアの歴史家。ペロポネソス戦争に際して,前 424年敵将ブラシダスを討つために将軍として自分の一族と由縁のあるトラキアに赴いた。しかしアンフィポリス防衛に失敗して追放され,20年間の亡命生活ののちに,前 404年帰国。この亡命生活を利用してアテネ側とスパルタ側の双方から資料と情報を集め,30年近いペロポネソス戦争の歴史を『戦史』 Historiai (8巻) に著わした。これは前 411年秋までの記述で終っていて,予告されている前 404年までの記述は欠けている。圧縮された文体,公平な科学的記述,因果関係への洞察の鋭さ,政治問題の適切な判断などのために,古代における最高の歴史書とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つきじです【ツキジデス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツキジデス
つきじです

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツキジデス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツキジデスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation