@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツメクサ

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツメクサ
つめくさ / 爪草
[学]Sagina japonica (Sw.) Ohwi
ナデシコ科の一年草または多年草。茎は斜め上に伸び、高さ5~15センチメートル。葉は線形、先はとがる。春から夏、葉腋(ようえき)に小さな白色花を単生する。花弁は多くは5枚で全縁、花柄や萼片(がくへん)に腺毛(せんもう)がある。人家の庭や道端にごく普通に生え、日本全土、および東アジアの温帯に分布する。名は、葉が鳥のつめに似るのでいう。ツメクサ属には十数種あり、日本には5種生育するが、いずれも小形でよく似ている。名が似ているがシロツメクサやアカツメクサはマメ科の植物で、本種とは関係ない。[三木栄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツメクサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツメクサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation