@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツルコケモモ(蔓苔桃)【ツルコケモモ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツルコケモモ(蔓苔桃)
ツルコケモモ
Oxycoccus quadripetalus; small cranberry
ツツジ科の小低木で,北半球寒帯から亜寒帯高山湿原などに広く分布する。日本では本州中部以北と北海道の高山の湿原にミズゴケなどとともに生える。は針金状で細く,横にはい長さ 20cm内外,まばらに分枝する。葉は互生し,長さ3~4cm,幅 5mmほどの線形で縁は内側にめくれ,革質,常緑で表面に光沢がある。7~8月頃,茎頂に淡紅色の小さい花を開く。花冠は長さ7~10mmで,深く4裂し外側にそり返る。果実は径 1cmほどの球形の液果で,赤く熟し表面に光沢があり,甘ずっぱみがあって生食するほか,ジャムの原料にもなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルコケモモ(蔓苔桃)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツルコケモモ(蔓苔桃)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation