@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツルマメ【つるまめ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツルマメ
つるまめ / 蔓豆
[学] Glycine max (L.) Merr. subsp. soja (Sieb. et Zucc.) H.Ohashi

マメ科(APG分類:マメ科)のつる性一年草。茎は細く、長く伸びて他物に絡みつく。全体に褐色の毛がある。葉は3小葉からなり、小葉は狭卵形で長さ3~8センチメートル。8~9月、葉腋(ようえき)の総状花序に紅紫色の小さな蝶形花(ちょうけいか)を数個つける。豆果(とうか)は長楕円(ちょうだえん)形で扁平(へんぺい)、種子の上ですこし膨らみ、熟すと2片に裂開する。種子は2~3個。本州、四国、九州の原野や空き地に普通にみられ、シベリア東部、朝鮮、中国にも分布する。ダイズの原種と推定されている。

[立石庸一 2019年10月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルマメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツルマメの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウアヤメ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation