@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツレ
日本演劇,音楽の用語。「連」とも書く。種目によって用法が異なる。 (1) 平曲 斉唱のこと。 (2)  シテに従属する役のシテヅレ略称ワキに従属するツレはワキヅレまたはツレワキという。 (3) 三味線音楽箏曲 (a) 2人以上で弾くことを連 (つれ) 弾きといい,その場合主奏者を立 (たて) 三味線またはタテといって,本来の手に対して替手や洒落 (しゃれ) 弾きその他の変奏を行うこともあり (山田流箏曲では「地」という) ,第2奏者以下を脇三味線またはワキといって,普通の手を担当するが,種目や場合によって逆になることもある。 (b) 斉唱すること。特に河東節,一中節や山田流箏曲などで,シテ (タテ) とワキ以下が,歌い分けをせずに,一緒に歌うこと。なお,山田流では,弾き歌いが本来の演奏形式であるので,当然楽器斉奏ともなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つれ【ツレ】
能の役種。シテヅレとワキヅレとあるが,単にツレと称するときは必ずシテヅレを指す。シテに従属し随伴する役をいうが,必ずしもシテと同時に登場したり行動を共にするとは限らない。現行曲の約半数にツレが登場し,ツレが2人以上登場する演目も少なくない。また,二場物の能で前場と後場とで役柄が変わり,扮装を改め,前ヅレ・後(のち)ヅレと分かれる場合もある。なお,ツレの中でも演目によってはシテに伍する重要な役柄が多く,《千手(せんじゆ)》の平重衡,《蟬丸》の蟬丸,《二人静(ふたりしずか)》の菜摘女などは,両ジテなどとも称される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツレ
つれ

能の主役に付随して登場する役。連とも書く。シテ方から出るシテツレ(単にツレとも)、ワキ方から出るワキツレがある。お供の役も多いが、シテまたはワキに匹敵する重要な場合もあり、その場合のツレを両シテ、両ワキと称してシテやワキと対等に扱うこともある。『大原御幸(おはらごこう)』『千手(せんじゅ)』『蝉丸(せみまる)』のツレ、『鳥追舟(とりおいぶね)』『咸陽宮(かんようきゅう)』のワキツレなど。狂言では主役をシテとよぶが、ワキあるいはツレということばは用いず、一括してアドという。

[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツレの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation