@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ツンドラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ツンドラ
tundra
凍原,寒地荒原ともいう。極地の森林限界以北の地に発達する群系。シベリア,北アメリカ北部などに分布。 30~70mに及ぶ厚い永久凍土層の上にでき,夏でも 10℃内外の気温のため表面だけが溶けて湿原になる。ミズゴケなどのコケ類,ハスゴケなどの地衣類,カヤツリグサ科,イネ科の草本,コケモモガンコウランなどが生え,南部はカバノキ科ヤナギ科針葉樹が疎生する森林ツンドラとなって針葉樹林に移行する。ラップ人らによってコケや地衣を食べるトナカイ牧畜が行われ,タビネズミ,ホッキョクギツネなどがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ツンドラ(〈ロシア〉tundra)
ユーラシア大陸・北アメリカの北極周辺に広がる凍結した荒原。短い夏の間に地面表層が融解し、コケ類地衣類が生える。凍土帯。凍原

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ツンドラ【tundra】
ウラル地方の古語,ウゴル語の〈木のない土地〉に由来し,高緯度地方の森林限界から氷河万年雪におおわれた氷雪地域までの間を占める。ほぼ北緯60゜以北,ヨーロッパ・ロシア北部,シベリア北部,アラスカ,カナダ北部,グリーンランドなどに分布。カナダでbarren groundsというのも同義で,ハドソン湾沿岸で約北緯55゜まで南下している。〈寒原〉〈凍原〉などの訳語からも明らかなように,気候が寒冷でふだんは大地が凍結し,目だった樹木のないことが特色で,光は弱いが昼が長く日平均気温が0℃を超える夏の約2ヵ月間だけは,積雪や凍土の表層がとけ,低地は湿地状になり,植物が一斉に生長・開花・結実する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ツンドラ【tundra】
タイガの北に位置し、夏の間だけ永久凍土層の表面が融解して、わずかに蘚苔類・地衣類などが生育する荒原。ロシア連邦の北極海沿岸地方・カナダ北部・アラスカ地方にわたる。凍原。寒草原。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツンドラ
つんどら
tundra
北極海を囲む高緯度地方では、タイガよりさらに北方に樹木の生育しない荒原が広がる。この荒原またはその植生をツンドラとよぶ。
 ツンドラの分布域は大部分が北極圏(北緯66度以北)に含まれ、年間を通じて低温で降雪は少ない。このため地面は凍結し、厚い永久凍土層が形成されている。夏になると気温は東京の冬程度にまで上昇し(平均気温で0℃~10℃)、植物がようやく生育可能になる。おもな植物はイネ科・カヤツリグサ科スゲ属の草本、コケモモ、キョクチヤナギ、マメカンバ、チョウノスケソウなどの矮(わい)低木、それにコケや地衣類などで、背の高い樹木は生育できない。夏には永久凍土層の表層1メートルほどが融(と)けるが、凍土層が水の浸透を妨げるため、融解水は地表に停滞し、全体が湿地状になる。このためミズゴケやスギゴケが生育しやすく、それらの遺体は堆積(たいせき)して泥炭をつくる。
 ツンドラの動物相は、植物相が貧弱なのに比べると、著しく豊富である。コケ類を食べるトナカイやジャコウウシはその代表的なものであるが、ほかに多数の鳥類やレミング、ノウサギがおり、それらを捕食するキツネ、オオカミの類も多い。海岸にはアザラシ、オットセイ、ラッコが多数生息している。蝶やカをはじめとする昆虫類も多い。
 ツンドラでは農業は不可能で、ここに住むエスキモーやサーミ人は、狩猟やトナカイの遊牧を生活の手段としてきた。しかし第二次世界大戦後になると、米ソ対立のあおりを受けて極北のツンドラ地帯にも軍事基地が多数置かれることとなった。[小泉武栄]

植生

寒冷のために高木が育たず、多年草と矮生低木に蘚苔(せんたい)類、地衣類を多く交えた高さ10~20センチメートル内外の植物群落が優占する。構造土などによる地表のわずかな高低によって数種の植物群落がモザイク状に生ずることが多い。なお、高山帯における同質の植生を高山ツンドラとよぶこともある。[大場達之]

住民・生活

伝統的にツンドラを生活の場としてきた諸民族は、ユーラシア大陸ではサーミ、サモエード系諸民族、ツングース(エベンキ)系諸民族とサハ人(ヤクート人)の一部、アジア諸民族であり、アメリカ大陸ではエスキモー(イヌイット)など極北に住む先住民族の一部である。ツンドラは一般的に、農耕、牧畜はほとんどできないため、その住民の狩猟と漁労への依存度はきわめて高い。しかし、状況はアメリカ大陸とユーラシア大陸とで大きく異なる。ユーラシア大陸では伝統的にトナカイを飼育する技術が普及しており、18世紀末期以来、ツンドラの広い空間を利用した多頭飼育へと発展し、狩猟、漁労と並ぶ重要な生業となっていた。それに対し、アメリカ大陸では豊富な野生のカリブーや海獣などを狩猟する状態が続き、トナカイ飼育は定着しなかった。現在は両大陸とも多くのヨーロッパ人が入り、鉱工業が成長したため、従来トナカイ飼育や狩猟、漁労に依存していた人々のなかでも鉱山や工場、公共施設などで働く者が増え、生活もその影響で大きく変わった。[佐々木史郎]
『斎藤晨二著『ツンドラとタイガの世界』(1985・地人書房) ▽NHK北極圏取材班著『ツンドラ街道を、どこまでも――極北の旅8000キロ』(1990・日本放送協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ツンドラ
〘名〙 (tundra) 森林の北限と極地の雪氷地帯にはさまれた地帯。一年の大部分は凍っているが、夏季、表面がとけて蘚苔類、地衣類の生い茂る湿原となる。シベリアの北岸やカナダ地方のように、北極海に面した地方にみられる。住民は狩猟とトナカイの遊牧を主としてきた。ツンドラ地帯。凍原。凍土帯。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツンドラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツンドラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation