@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ティミショアラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティミショアラ
Timişoara
ルーマニア西部,ティミシュ県 (面積 8692km2。人口 67万 7744〈2002推計〉) の県都。ハンガリーおよびセルビアとの国境に近く,ハンガリー平原の南東部に位置し,ベガ運河が市内を貫流する。 14世紀初期に城塞が築かれ,1552~1716年トルコ領,1718年ハプスブルク家の領有となり,1920年ルーマニア領となった。住民はルーマニア人のほか,ハンガリー人,セルビア人,ドイツ人などが多い。第2次世界大戦後,南西部の商工業の中心地として急激に発展し,機械,電機,化学,繊維,製材,食品の工場が立地した。首都ブカレストとセルビアのベオグラードを結ぶ国際鉄道幹線の要地でもある。 1945年創立の総合大学,医科,工科,農科の単科大学,国立劇場,歌劇場のほか,15世紀に建設され,のち復元されたフニャディ家の城跡,18世紀のカトリック聖堂などがある。 1989年この地で起こったハンガリー系住民の虐殺に対し抗議デモが発生,拡大して全国規模の革命に発展,ニコラエ・チャウシェスクの独裁体制が崩壊した。人口 33万 4098 (1997推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ティミショアラ(Timişoara)
ルーマニア西部の都市。ハンガリーセルビアとの国境近くに位置する。18世紀以降、オーストリアハンガリー帝国支配の下、商工業が発展した。旧市街にはベガ運河が流れ、15世紀以降の商家に囲まれた統一広場、オスマン帝国襲撃に備えて建てられたフニャディ城、20世紀建造のティミショアラ正教大聖堂などがある。1989年、チャウシェスク政権に対する最初の抗議運動が起きた地として知られる。チミショアラ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ティミショアラ【Timişoara】
ルーマニア南西部,バナト地方の中心都市。ハンガリー語ではテメシュバールTemesvár。ティミシュTimiş県の県都。人口32万8000(1994)。肥沃なティミシュ平野に位置し,西方ユーゴスラビアとの国境まで約30kmの地点にある。鉄道,自動車道路の要地で,市中にはベガ運河が流れている。気候大陸性気候に属するとはいえ,ルーマニアの他の諸地方にくらべ温暖である。月平均の最高気温(7月)は21.6℃,最低気温(1月)は-1.2℃。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ティミショアラ
てぃみしょあら
Timioara
ルーマニア西部、ティミシュ県の県都。運河化されたベガ川沿いに市街が発達し、セルビアとの国境に近い。人口31万7660(2002)。13世紀以来、バナート地方の経済、軍事、交通、文化の中心地であり、大学、天文台、劇場、交響楽団などがある。農業機械、自動車、電気機械、薬品、印刷などの工業が発達している。古い城壁や、18世紀のバロック様式のカトリック大聖堂などがある。1989年、チャウシェスク社会主義政権崩壊への動きが始まった都市で、ハンガリー人も多い。[佐々田誠之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティミショアラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティミショアラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation