@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ティーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティーク
Tieck, (Johann) Ludwig
[生]1773.5.31. ベルリン
[没]1853.4.28. ベルリン
ドイツの小説家,劇作家。ハレ,ゲッティンゲン,エルランゲンの各大学で学ぶ。在学中ワッケンローダーから深い影響を受けた。 1799年よりイェナにおいてシュレーゲル兄弟,C.ブレンターノらと前期ロマン派の運動を展開,ノバーリスとは特に緊密な親交を結ぶ。 1819年ドレスデンにおもむき,シェークスピアの紹介を中心に演劇の仕事に従事。作品には書簡体小説『ウィリアム・ラベル氏の話』 Geschichte des Herrn William Lovell (1795~96) ,童話劇長靴をはいた牡猫』 Der gestiefelte Katerと創作童話『金髪のエックベルト』 Der blonde Eckbertを含む『民衆童話』 Volksmärchen (97) など多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ティーク(Ludwig Tieck)
[1773~1853]ドイツの小説家劇作家。前期ロマン派の中心人物。詩・翻訳・評論でも活躍。風刺劇「長靴をはいた猫」、小説「フランツ=シュテルンバルトの遍歴」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ティーク【Ludwig Tieck】
1773‐1853
ドイツ初期ロマン派の代表的作家。ロマン派の中ではあらゆる文学ジャンルに熟達した最も多作な作家。ベルリンに生まれ,若くして文筆活動に従事したが,合理主義啓蒙主義の時代精神と自由な内面的・芸術的精神の相克に苦しむ。大学時代,同郷・同窓の友で夭折した初期ロマン派の詩人ワッケンローダーWilhelm Heinrich Wackenroder(1773‐98)と共にバンベルク,ニュルンベルクに遊び,中世的な雰囲気と中世キリスト教芸術に魅せられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ティーク【Ludwig Tieck】
1773~1853 ドイツの小説家・劇作家。初期ロマン派の中心的作家。代表作、長編小説「フランツ=シュテルンバルトの遍歴」、童話劇「長靴をはいた猫」など。またシュレーゲルのシェークスピア劇翻訳の完成に尽力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ティーク
てぃーく
Ludwig Tieck
(1773―1853)
ドイツの作家。ベルリンの綱匠の息子として生まれる。いわゆる「前期ロマン派」の巨頭の1人で、ロマン主義文学運動を推進したが、後年には短編の新しいジャンルを開拓した。才気にあふれ、詩に、長・短編小説に、メルヘンに、戯曲に多彩な創作を繰り広げたほか、劇場監督や評論家としても活躍し、シェークスピアのドイツ語訳の業績も残した。
 幼少のころは啓蒙(けいもう)思想の影響下に育ったが、学友ワッケンローダーと南ドイツを旅して中世を再発見し、『芸術を愛する一修道僧の心情吐露』(1797)を共同で著し、またゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』に倣って芸術家小説『フランツ・シュテルンバルトの遍歴』(1798)を書いた。このころフリードリヒ・シュレーゲルのロマン主義文学理論に共鳴し、ベルリンとイエナにあってシュレーゲル兄弟、シェリング、ノバーリスら「ロマン派」の会合の要(かなめ)の役割を務め、風刺劇『長靴をはいた牡猫(おすねこ)』(1797)や、いわゆるクンスト・メルヘン(創作童話)の典型とされる『金髪のエクベルト』(1797)などによって名を馳(は)せた。グループの解体後は友人の貴族の所領やドレスデンに住み、『人生のゆとり』(1839)のような市井の日常に取材した短編シリーズや、歴史長編『ビットーリア・アコロンボーナ』(1840)などを発表し、演劇界でも活躍、晩年はプロイセン王の知遇を得てベルリンで余生を送った。
 初期の啓蒙主義の亜流からロマン主義を経て後期の市民的リアリズムまで幅広い作風をみせたが、その機知とイロニー、奔放な空想力が評価される反面、過度の主観主義や深みの欠如を批判する向きもある。日本ではロマン主義期の作品のほかはほとんど顧みられないが、18世紀から19世紀にかけての流動的な文学思潮を体現する文人としての彼の意義は見直されてよい。[信岡資生]
『大畑末吉訳『長靴をはいた牡猫』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ティーク
(Ludwig Tieck ルートビヒ━) ドイツの詩人、劇作家、小説家。初期ロマン派の代表者。作品に小説「金髪のエックベルト」、童話的な戯曲「長靴をはいた猫」など。(一七七三‐一八五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティークの関連情報

関連キーワード

モーツァルトラングスドルフ秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白手島堵庵(てじまとあん)プガチョフの乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation