@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ティーチングプレーバック方式【ティーチングプレーバックほうしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティーチングプレーバック方式
ティーチングプレーバックほうしき
teaching playback method
ロボットに作業を教えるときに,実際にロボットハンドを直接動かしながら教えていき,これを連続的に記憶装置に記録し,プレーバック (再生) することによって作業を再現する方式。教示再生方式ともいう。このような教示法をオンライン・ティーチングといい,初期産業用ロボットにはこの方式が多く用いられており,プレーバックロボットと呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ティーチングプレーバック‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【ティーチングプレーバック方式】
teaching playback system》ロボットのアクチュエーターに、まず手動その他で所定の動きをさせて記憶装置に残し、以後は記憶装置から取り出した信号により、ロボットを駆動する方式。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティーチングプレーバック方式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティーチングプレーバック方式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation