@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テオティワカン

デジタル大辞泉

テオティワカン(Teotihuacan)
メキシコ市の北東約40キロにある都市遺跡。前2世紀から後6世紀にかけて建設され、2世紀には7~10万の人口を擁したといわれる。いわゆる「死者大通り」を中心に、太陽ピラミッド、月のピラミッドが残る。1987年、「古代都市テオティワカン」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ておてぃわかん【テオティワカン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テオティワカン
ておてぃわかん
Teotihuacan

メキシコ市の北東約40キロメートルの所にある大宗教都市の遺跡。1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

 オルメカ文化の強い影響下で、紀元前一千年紀後半にメキシコ盆地につくられた祭祀(さいし)センターの一つであり、盆地南部の遺跡クイクイルコとほぼ対等な影響力をもっていたらしいが、前100年ごろシトリ火山の噴火によってクイクイルコが消滅したあと、テオティワカンへの人口集中が始まった。そして、ツァクアリ期と名づけられた時期(後1~150)の終わりまでに、20平方キロメートル以上の面積に広がり、メキシコ盆地の人口の80%以上を吸収して、7万ないし10万の住民を擁していたといわれる。ツァクアリ期の終わりごろまでに、幅約40メートル、長さ約5キロメートルの「死者の大通り」を中心に、巨大な「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」が建てられ、その南にシウダデーラ、ケツァルコアトルのピラミッドなどが着工されていたと推定されている。建物の特徴として、タルーとよばれる傾斜した壁に、タブレーロとよばれる枠で囲った垂直なパネルを組み合わせた様式が考案された。「死者の大通り」は、その南北の軸が真北から約15度30分東に傾いている。次のミカオトリ期(150~250)に、テオティワカンは最大限の膨張を遂げて22.5平方キロメートルの広さをもつに至った。人口は12万5000ないし20万と推定されている。それに続くトラミミロルパ期(250~400)は、それまで木や藁(わら)でつくられていた住居地区が全面的に石で改築されて、壁に囲まれ、中庭を囲んで設計された居住ブロックが一定の規格に従って規則正しく配置され、「死者の大通り」を軸とし、おもにその西側に碁盤格子状の住居地区ができあがった。

 トラミミロルパ期にテオティワカンの影響が外に浸透し始め、それが400年以後のショラルパン期、メテペック期に絶頂に達した。テオティワカン文化の影響が各地に現れ、その威信と精神的支配力が全メソアメリカに及んだことを示している。タルー・タブレーロ様式の建造物は、ミチョアカン州のティンガンバトやグアテマラのカミナルフューにもつくられ、石彫や土器に現れた影響は、グアテマラのティカルやユカタン半島のアカンケーにまで及んでいる。この現象の背後には、テオティワカンの統制下に黒曜石製品の大量生産があったとみられる。また、オアハカ、マヤ地域などから工人などの集団が移住してきて、テオティワカンの一定の区域に居住していた証拠もある。

 7世紀のなかばごろテオティワカンの北部に大火があったらしい。そのころから衰退の色が濃くなり、人口の減少が始まった。テオティワカンの宗教的、政治的統制力は急激に衰え、メキシコ盆地にはいくつかの政治勢力が興る一方、盆地の外には、ショチカルコ、チョルラなどの有力な祭祀センターが生まれた。にもかかわらず、10世紀まで、テオティワカンは人口約2万5000を擁し、メキシコ盆地内の最大の集落であり続けた。衰退期はコヨトラテルコ期(700~950)とよばれ、淡黄色の地肌に赤色の文様を描いた特徴的な土器がその指標である。

 テオティワカンの造形芸術は基本的に簡素であり、ケツァルコアトルのピラミッドの入り組んだ石彫を除けば、建物には装飾が少ない。石彫では、雨の神トラロックや水の女神チャウチウトリクエの巨大な石像、火の神ウェウェテオトル像などがあり、青春の神シペ・トテックの高さ1.22メートルに達する大土偶も発見されている。テパンティトラ、アテテルコなど神官や貴族の居住区の建物の壁には美しいフレスコ画が描かれている。土器では、注口部が花のように開いたフロレーロ土器、薄手でオレンジ色の土器、三脚付きの彩色土器、大型香炉などが代表的である。多数の土偶がつくられたが、型入れの作品が多い。石や粘土の仮面も多数残っている。

[増田義郎]

『増田義郎著『インディオ文明の興亡』(『世界の歴史 第7巻』1977・講談社)』『増田義郎編『メキシコ国立人類学博物館』(『世界の博物館 第5巻』1978・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テオティワカン
(Teotihuacán) メキシコシティの北東方にある、紀元前二世紀~紀元六世紀に栄えた、テオティワカン文化の都市遺跡。祭祀的中心地であったことを示す太陽と月のピラミッドや神殿などの宗教的大建造物が残る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオティワカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テオティワカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation