@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テオドシウス(1世)【ておどしうす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

テオドシウス(1世)
ておどしうす
Theodosius Ⅰ
(347―395)

ローマ皇帝(在位379~395)。ウァレンティニアヌス1世(在位364~375)に仕えた将軍テオドシウスの息子としてスペイン北西部に生まれる。368年父のブリタニア遠征に同行し、翌369年末には対アラマン人遠征にも参加。374年上モエシア州軍司令官となる。376年父が突然カルタゴで処刑(理由は不明)されると、彼は保身のため一時スペインの所領に隠遁(いんとん)。しかし、378年アドリアノープルの戦いで東帝ウァレンスが西ゴートに敗死すると、西帝グラティアヌスGratianus(在位367~383)は西ゴートに対処させるべくテオドシウスを軍司令長官に任じ、続いて379年1月彼をアウグストゥスとして東方諸州およびダキア、マケドニア両管区の統治をゆだねた。

[後藤篤子 2017年11月17日]

帝国の内憂外患

即位後、テオドシウスは東部軍再編と、西ゴートに蹂躙(じゅうりん)されていたバルカン地方の治安回復に尽力したが、西ゴートを帝国領内から駆逐することはできず、382年これと同盟を締結。それにより、西ゴートはローマに対し軍事援助の義務を負うかわりに、ドナウ・バルカン間の地方への定住と独自の王をいただいての自治を認められた。西方では、383年簒奪(さんだつ)帝マクシムスMagnus Maximus(在位383~388)がグラティアヌス帝を倒してブリタニア、ガリア、スペインを勢力下に収めたが、テオドシウスは事態を黙認せざるをえなかった。386/387年ころテオドシウスはササン朝ペルシアとの講和締結に成功し、これにより長年係争の種であったアルメニアは両国間で分割された。一方、西方ではマクシムスがイタリアに侵入。グラティアヌスの弟帝でイタリア、アフリカ、イリリクムを与えられていたウァレンティニアヌス2世(在位375~392)は、母ユスティナJustina(340ころ―391ころ)や妹ガッラGalla(?―394)らとともにテオドシウスのもとに逃れてきた。前年に先妻と死別したテオドシウスは、このときガッラと再婚。以前にはマクシムスを黙認した彼も、今回はユスティナの訴えや対ペルシア講和による東方国境線の安定化も手伝ってマクシムス討伐を決意し、388年西征。二度の戦勝ののち同年8月マクシムスを処刑し、ウァレンティニアヌス2世を復位させた。こののち3年間イタリアに滞在し、391年コンスタンティノープルに帰還。この間にミラノ司教アンブロシウスの強い影響力を受けるようになった。

[後藤篤子 2017年11月17日]

宗教政策

危機的状況のなかで即位したテオドシウスは、治世当初から事態悪化を招くような宗教的内紛の解決に意を用い、380年2月ニカイア信条をカトリック(普遍的)と定めて全臣民にこの「正統信仰」を課した、いわゆるカトリック国教化勅令を発した。翌381年には全教会がこの「カトリック」派司教に引き渡されるべき旨を命じ、同年夏コンスタンティノープルに公会議を招集してこの措置を批准させた。このカトリック国教化以後、一連の対異端弾圧令が続くが、他方テオドシウスは異教徒を重要官職に登用するなど、ローマの伝統的異教に対してはさしあたり寛容であった。しかし、アンブロシウスの影響下で対異教政策も厳格化していく。テオドシウスとアンブロシウスはときに対立したが、とくに390年春、テッサロニキで起きたゴート人守備隊長殺害に激怒したテオドシウスが、報復措置として市民の殺戮(さつりく)を命じ、取消し命令がまにあわず7000人の市民が虐殺されたときには、アンブロシウスは帝が公式に悔悛(かいしゅん)の情を表すまで聖体拝受を許さず、テオドシウスは8か月後についに折れて懺悔(ざんげ)を行った。この事件ののち、テオドシウスは391年に異教神殿訪問と供犠を、392年にはすべての異教礼拝を禁じる。こうした状況下で、392年ウァレンティニアヌス2世を倒した簒奪帝エウゲニウスEugenius(在位392~394)はローマ市の異教勢力の支持を集めたため、この事件は宗教闘争の様相をも帯びるに至った。

[後藤篤子 2017年11月17日]

帝国最後の統一

これに対しテオドシウスは394年西征し、同年9月フリギドゥス河畔でエウゲニウスを破り、帝国最後の統一を果たした。翌395年1月、東方を長子アルカディウスに、西方を次子ホノリウスに残してミラノで死去した。テオドシウスの正統派信仰擁護をたたえて、カトリック教会は451年カルケドン公会議で「大帝」の称号を与えた。

[後藤篤子 2017年11月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

テオドシウス(1世)
TheodosiusⅠ
346〜395
古代ローマ皇帝(在位379〜395)。大帝ともいう
ゴート人を討ち,ディオクレティアヌス帝以来分割支配されていたローマを再統一した(394)。381年コンスタンティノープル公会議において,アタナシウス派の教えを正統派信仰とし,392年キリスト教を国教と定め,他のあらゆる宗教を禁じた。死に際し,帝国東西に2分して2子アルカディウス(東帝国)とホノリウス(西帝国)に残した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオドシウス(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テオドシウス(1世)の関連情報

関連キーワード

西ローマ帝国テオドシウス[1世]テオドシウス1世テオドシウスエウトロピウスルフィヌスアラリック1世シャープール[2世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation