@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テオドシウス2世【テオドシウスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テオドシウス2世
テオドシウスにせい
Theodosius II
[生]401.4.10. コンスタンチノープル
[没]450.7.28. コンスタンチノープル
東ローマ皇帝 (在位 408~450) 。 402年父アルカディウス帝の共治帝とされ,その死後7歳で帝位につき,初めアンテミウス,のち姉プルケリア摂政となった。学問,宗教の研究を好み穏和であった。その治世は外部からの侵入に悩まされ,アフリカではバンダル族,ドナウではフン族のアッチラの劫略を受けた。また彼がコンスタンチノープル総大司教に任命したネストリウスが異端問題を起し,431年エフェソス公会議で追放された。 425年コンスタンチノープル大学を創設。また有名な『テオドシウス法典』の編纂は彼の手に成る (438) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

テオドシウス2世
生年月日:401年4月10日
東ローマ皇帝(在位408〜450)
450年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオドシウス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テオドシウス2世の関連情報

関連キーワード

確定拠出年金奈勿王インノケンチウス1世キュロス(小)沮渠蒙遜アナスタシウス1世債権・債務確定拠出年金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation