@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テクネチウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テクネチウム
technetium
元素記号 Tc ,原子番号 43。周期表7族の人工放射性元素で,質量数 92から 107にいたる 16種の放射性同位体が知られている。 1925年ドイツのノダック夫妻は 75番元素レニウムと 43番元素 (マスリウムと命名) を発見したが,このうちマスリウムはほかの研究者により再確認を得るにいたらなかった。しかし 37年に,E.セグレと C.ペリエがカリフォルニア州バークリーのサイクロトロンモリブデン重陽子で照射し,放射性の 43番元素をつくることに成功し,テクネチウムと命名した。現在も安定核種は存在しないと考えられている。語源はギリシア語で「人工的なもの」という意味である。単体は銀灰色金属六方最密構造融点 2140℃,比重 11.5。化学的性質はレニウムに酷似している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テクネチウム(technetium)
マンガン族元素の一。人工的に作られた最初の元素で、モリブデンに加速した重陽子を当ててつくる。ウラン核分裂でも生成。単体は銀白色の金属。化学的性質はレニウムに似る。元素記号Tc 原子番号43。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テクネチウム【technetium】
周期表元素記号=Tc 原子番号=43融点=2200℃ 沸点=5030℃比重=11.5電子配置=[Kr]4d55s2おもな酸化数=IV,VI,VIIマンガンおよびレニウムとともに周期表第VIIA族に属する金属元素の一つ。1937年,ペリエC.PerrierとセグレE.G.Segréがモリブデンに重陽子を照射して初めてつくった元素で,人工的につくられた最初の元素である。〈人工の〉を意味するギリシア語technētosに因んで命名された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

テクネチウム【technetium】
7 族(マンガン族)に属する遷移元素の一。元素記号 Tc  原子番号43。1937年サイクロトロンでつくられた最初の人工元素で同位体はすべて放射性。質量数九九のものはウランの自発核分裂で生成。最も安定した同位体の質量数は九八。銀白色の金属。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テクネチウム
てくねちうむ
technetium
周期表第7族に属し、マンガン族元素の一つ。原子番号43の元素の探求は古くから行われ、1908年(明治41)日本の小川正孝(まさたか)(1865―1930)のニッポニウム(これはそのころ、未発見であった同族元素のレニウムであることが後になって推定されている)、1925年ドイツのW・K・F・ノダックのマスリウムの発見が報告された。しかし、これらは誤りであることがわかった。1936年アメリカのE・O・ローレンスは、サイクロトロンの中でモリブデンに重水素のビームを長期間照射したサンプルをイタリアのセグレに送ったが(セグレはもともとバークリーでその研究をしていた)、セグレはペリエとともにこの中から43番元素であると考えられるものを分離した。さらに1940年セグレらはウランの核分裂生成物中からかなりの量の43番元素を得ることに成功した。これは人工的に初めてつくられた元素なので、人工を意味するギリシア語technikosにちなんで命名された。天然にもウランの自然核分裂により痕跡(こんせき)量が存在する。ウランの核分裂生成物からプルトニウムなどを除いて容易に回収されるので、現在では同族のレニウムよりむしろ入手しやすい。質量数90から110までの同位体はすべて放射性で、そのうち多量に得られるのは99(β-放射、半減期21万2000年)である。また98Tcはβ-放射、半減期4.2×106年である。銀灰色の金属。湿った空気中で徐々に酸化皮膜に覆われるが、400℃以上に熱すると酸化テクネチウム()を生じる。フッ化水素酸、塩酸に不溶だが、硝酸、濃硫酸に溶ける。酸化数の化合物が知られる。医用トレーサーとして用いられる。99Tcはβ線の標準線源として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テクネチウム
〘名〙 (technetium) マンガン族元素の一つ。元素記号 Tc 原子番号四三。質量数九〇~一一〇の同位体中九九が最も多量に得られる。銀灰色の金属。六方晶系結晶。中性子照射したウランから分離精製してつくる。人工的につくられた初めての元素で天然には発見されていない。一九三七年、アメリカのC=ペリアーとE=セグレがモリブデンに重陽子を照射して初めてつくった。軟鉄の腐食防止剤に用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

テクネチウム
テクネチウム
technetium

Tc.原子番号43の元素.人工放射性元素.電子配置[Kr]4d55s2の周期表7族第5周期遷移元素.テクネチウムの同位体は現在,質量数85~118まで知られている.D.I. Mendeleev(メンデレーエフ)がエカマンガンとして予言していた元素.1925年にW. Noddack(ノダック)とI. Tackeがウラン鉱物中にX線蛍光スペクトルから43番元素を発見したと報告し,ノダックの故郷の地名Masuriaにちなんでマスリウムと命名したが受け入れられず,1937年にC. PerrierとE. Segréがカリフォルニア大学バークレー校のサイクロトロンで,加速した重陽子でモリブデンを衝撃して合成したものが,確認された最初の43番元素.その後も地球上のTcの探索が続けられ,1962年に至り,P.K. Kuroda(黒田和夫)とB.T. Kennaがアフリカ・ガボン産のせんウラン鉱中に,ウランの自発核分裂生成物として微量の存在を確認した.S,M,N型星にもスペクトル線から存在が推定される.最近,ノダックらのX線スペクトルを詳細に再検討したところ,かれらもTcを見つけていたことが判明した.はじめて人工的につくられた元素として,Segréたちが“人造の”を意味するギリシア語τεχνητο(technètos)からtechnetiumと命名した.99Tc は,半減期2.11×105 y の比較的安定な β 崩壊核種で,原子炉使用済みウラン燃料中に核分裂生成物として多量に存在する.現在,医学の分野で広く利用されている 99mTc は,半減期6.0058 h で0.143 MeV のγ線を放出する核種で,99Mo の娘核種として得られる.半減期61 d の 95mTc もトレーサーとして使用される.銀灰色の六方最密金属.融点2172 ℃,沸点4877 ℃.密度11.5 g cm-3(20 ℃ 計算値).7.8 K 以下で超伝導を示す.第一イオン化エネルギー7.28 eV.金属は過テクネチウム酸アンモニウムの水素による還元で得られる.硝酸,王水,濃硫酸に可溶,塩酸に不溶.酸化数2~7.7がもっとも安定で過テクネチウム酸(テトラオキソテクネチウム(Ⅶ)酸イオン)TcO4として種々の塩をつくる.フッ化物TcF5,TcF6,塩化物TcCl4,TcCl6,臭化物TcBr4などが知られる.酸化物中Tc2O7は融点119.5 ℃,沸点310.6 ℃ でかなり揮発性である.[CAS 7440-26-8][CAS 14133-76-7:99Tc][CAS 12165-21-8:Tc2O7]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テクネチウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テクネチウムの関連情報

他サービスで検索

「テクネチウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation