@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テグネル【てぐねる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

テグネル
てぐねる
Esaias Tegnér
(1782―1846)

スウェーデンの詩人、ルンド大学のギリシア語教授、司祭。彼を有名にした愛国詩『スベェア』(1811)は、ナポレオン戦争の結果、スウェーデン領のフィンランドがロシア帝国に割譲された憤懣(ふんまん)を歌い上げている。5年の歳月をかけた代表作、長編叙事詩『フリチョフ物語』(1825)は、同名の古代アイスランド・サガに想を得たものであり、インゲボリとの愛のくだりなど、ギリシア的、オリエント的要素を指摘できる。この作品発表後、詩作活動は停滞し、40年には精神に異常をきたし、生涯治癒することがなかった。政治的には極端な王党派の立場をとる。

[田中三千夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テグネル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テグネルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation