@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テグネール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テグネール
Tegnér, Esaias
[生]1782.11.13. ベルムランド,チュルチェルド
[没]1846.11.2. エストラボ
スウェーデンの詩人。貧しい牧師の末子に生れ,ルンド大学に学び,29歳で母校のギリシア語教授となった。 42歳のときスモーランド地方のベクシェーの主教に任じられた。 1840年憂鬱症が高じて錯乱状態となり,晩年は狂気と正気の間を彷徨して精神病院で死んだ。代表作は全国民を愛国心に奮い立たせた長詩『スベア』 Svea (1811) ,古代アイスランドのサガをもとにした叙事詩『フリチヨフのサガ』 Fritiofs saga (25) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テグネール【Esaias Tegnér】
1782‐1846
スウェーデンの詩人,ルンド大学ギリシア語教授,司教でもあった。愛国詩《スベア》(1811)はナポレオン戦争の余波として,従来スウェーデン領であったフィンランドがロシアに割譲されたことへの憤懣をふまえて書いたもの。代表作の長編叙事詩《フリティヨフ物語》(1825)発表後は,詩人としての活動は停滞,40年発狂状態となってからは回復することがなかった。政治的には極端な王党派の立場にいた。【田中 三千夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

テグネール
(Esaias Tegnér エサイアス━)⸨テグネル⸩ スウェーデンの詩人。古代アイスランドの伝説をもとにした長編叙事詩「フリチョフ物語」で知られる。(一七八二‐一八四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テグネール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テグネールの関連情報

関連キーワード

フェイト天明の飢饉モーツァルトフェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation