@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テチス動物群【てちすどうぶつぐん】

世界大百科事典 第2版

てちすどうぶつぐん【テチス動物群】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テチス動物群
てちすどうぶつぐん
Tethys fauna

古生代末から新生代中ごろにかけて、テチス海(北のローラシア大陸と南のゴンドワナ大陸の間に延びた長い海)に生息した動物群。この海の堆積(たいせき)物は、現在の北アフリカ、南ヨーロッパ、中東、インド、ヒマラヤ地域に分布し、日本はその北東縁にあたる。ペルム紀(二畳紀)から古第三紀にかけて、この海域は一つの生物地理区をなしていた。おもな動物群は、紡錘虫類や四放サンゴ類(以上ペルム紀)、アンモナイトの一部や厚歯二枚貝(あつばにまいがい)(以上中生代)、貨幣石(古第三紀)があげられる。パンゲア大陸の分裂や移動の始まった中生代末にはテチス海北部に深い海ができて、その北のボレアル生物区の頭足類(アンモナイトや箭石(やいし))の南下の障壁となった。

[棚部一成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テチス動物群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テチス動物群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation