@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テッパイ【てっぱい】

世界大百科事典 第2版

てっぱい【テッパイ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テッパイ
てっぱい

竹を編んだ台湾の筏(いかだ)。竹筏と書く。大陸に近い台湾西海岸に多くみられることなどから、中国南部に起源するとみられ、中国南部(さらに東南アジア)の類似の竹の筏をこの語でよんだことがある。海水用のテッパイは、マダケを曲げて舳先(へさき)、艫(とも)をつくり、両側をせり上げた緩い舟型であり、帆を用い複数のさし板を用いて安定性を増す。国分直一らが報告した台湾南部の例(1948年『民族学研究』所掲)では、マダケのほかに台湾特産のシチクも部分的に用い、皮をはいだ竹に塗料を塗り、籐(とう)を用いて前端のやや短い台形に組み立てた。もっとも大きいトアパイ(大筏)は約2.6メートル×7メートルもあり、3年程度使用できた。小形で平底の淡水用の製品もあり、櫂(かい)や棹(さお)で操作した。

[佐々木明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テッパイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テッパイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation