@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テトラルキア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テトラルキア
tetrarchia
四分領。起源は古代ギリシアのテッサリアの四分統治で,政治,軍事組織上の目的で人為的に定められたもの。のちマケドニアフィリッポス2世もテッサリア支配の際この方式を採用した (前 342) 。帝政期ローマの東方属州,特にガラテア,シリア,パレスチナでも採用され,数も4つとは限らず,分封領を意味するようになった。またローマ皇帝ディオクレチアヌスによる4皇帝の分割統治 (293~305) をもさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テトラルキア【tetrarchia[ギリシア]】
古代ヘレニズム・ローマ時代の四分治制。〈4分の1の権力〉が本来の意味。テッサリアの4政治・軍事区分を指して用いられたのが起源らしい。のちこれは実効性を失ったが,前4世紀にテッサリアを支配したマケドニアのフィリッポス2世がテトラルキアを復活させ,4人の部下を長として派遣してテッサリアの反抗を抑えた。やがてのちのヘレニズム諸王国でもこれを取り入れるものがあり,四つに限定されず,下級政治区分一般を指して用いられることもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

テトラルキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テトラルキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation