@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テドリリュウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テドリリュウ
Tedorosaurus asuwaensis
1966年,福井県美山町の手取層群から発見されたジュラ紀後期のトカゲ化石に基づき推定される絶滅動物。化石格は,全長 7cm,スズメぐらいの大きさで,が切れていた。頭骨,左前肢後肢背骨肋骨などが保存されていた。前肢には短い4本の指,後肢には長い4本の指,肋骨のある背骨が 17個,首の骨が5個以上,の背骨は2個以上,腰より前に 24個以上の背骨があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テドリリュウ
てどりりゅう
tedorosaur
[学]Tedorosaurus aswaensis
手取(てとり)層群九頭竜(くずりゅう)亜層群の中生代ジュラ紀後期、約1億6000万年前の地層の上部から産出した化石で、手取竜という和名を与えられた。この竜の骨格は全長7センチメートル、スズメぐらいの大きさのトカゲの一種と考えられる。化石では尾が残されていなかったが、その他の部分は保存されていた。頭骨は三角形で比較的に大きく、その中央にほぼ楕円(だえん)形の大きな眼球孔がある。くちばしの左側に下あごがはみだしていて、前方に細い歯が多くある。前肢は短く4本の指があり、長い後肢に4本の長い指があった。肋骨(ろっこつ)のついた背骨が17個、頸(くび)の骨は5個以上、胴の背骨2個以上、腰より前に24個以上の背骨があった。産地は福井市美山(みやま)地区上新橋付近である。[小畠郁生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テドリリュウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テドリリュウの関連情報

関連キーワード

新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation