@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テバイを攻める七将【テバイをせめるななしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テバイを攻める七将
テバイをせめるななしょう
ho Hepta epi Thēbas
ギリシアのアイスキュロスの悲劇。前 467年アテネの演劇祭の競演で1位となった3部作の第3部。ほかの2作『ライオス』と『オイディプス』は現存しないが,ライオス王家3代の悲劇をそれぞれ扱う。父オイディプスの呪いによって,父亡きあとのテバイ王位をめぐって争う兄弟 (テバイ王エテオクレスと,アルゴス王の援助を得てテバイの7つの城門へ迫るポリュネイケス) の骨肉の争いと2人の死,および反逆者として戦場に放置されるポリュネイケスの遺骸を,禁を犯して葬ろうとする妹アンチゴネを描いている。従来のギリシア悲劇の関心は神の正義であったが,この作品では人間の正義が中心テーマとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テバイを攻める七将」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テバイを攻める七将の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation