@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テマ
Tema
ガーナ南東部,ギニア湾にのぞむ港湾都市アクラ東北東約 25kmに位置。ボルタ川開発計画の一環として開発された港は 2km2水域を擁するアフリカ最大の人工港で,1962年完成。 5km近くの防波堤,12の深水停泊所,石油タンカー専用埠頭などがあり,1万 4000tの船舶が入港できる。鉄道と道路がアクラを経て北上,ボルタ川開発計画地と結ばれ,またクマシを経て西行,アワソなどボーキサイト鉱山と結ばれる。港はカカオ積出港。町は工業団地と住宅から成る計画都市で,アルミニウム精錬,石油精製,自動車組立て,化学薬品,カカオ加工などの工場がある。人口 10万 9975 (1988推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テマ(Tema)
ガーナ南東部の港湾都市。ギニア湾に面する。首都アクラの東約25キロメートルに位置する。1962年に港湾が整備され、アフリカ最大級の人工港となった。ボルタ湖アコソンボダムから供給される電力により、アルミニウムの精錬が行われる。同国随一の工業都市として発展テーマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テマ【thema】
中期ビザンティン帝国の軍制ならびに地方行政組織。最初,属州に駐屯した軍団を指し,続いて駐屯が行われた属州の地方行政一般をも軍団司令官(ストラテゴスstratēgos)が兼掌するにいたったところから,その行政管轄下にある属州そのものを意味するにいたり,小アジア(アナトリア)から始まったテマ制が完成のに達した9世紀末,全領土は,小アジアで14,バルカンシチリア,南イタリアで12,クリミア半島南部で1のテマから成っていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テマ
てま
Tema

西アフリカ、ガーナ南東部の港湾都市。人口22万5900(2001推計)。首都アクラの東北東27キロメートルに位置し、ギニア湾に臨む。1962年に開港したアフリカ最大の人工港がある。防波堤は5キロメートルに及び、12隻を収容する係船施設、タンカー用係船施設、ドックをもち、冷凍施設、水揚げ施設を備えた漁港が隣接している。また工業・住宅用都市としてテマ開発公社が開発にあたり、アルミ・化学工場、精油所、植物油精製工場、自動車組立て工場などがあり、ガーナの工業化の拠点となっている。アクラから鉄道が通じる。

[中村弘光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テマの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation