@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テュエステス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テュエステス
Thyestēs
ギリシア神話の人物。ペロプスヒッポダメイアの子。双子の兄弟アトレウスとともに異母兄弟クリュシッポスを殺害して故国を追放され,ミケーネのステネロス王のもとに亡命し,その死後どちらかが王位につくことになったことから,兄弟同士で激しい憎悪を燃やし,未曾有の残忍な争いを演じた。まずテュエステスがアトレウスの妻と密通し,彼女の助けによって王位を手に入れようとしたが,アトレウスはゼウスの助けによってこの企てを打ち破り,太陽が東に沈む奇跡を起して王位につくと,テュエステスに復讐するためその息子たちを殺し,肉を料理して食わせた。このを討つためテュエステスは神託の教えに従い,実の娘ペロピアと交わってアイギストスをもうけた。成長したアイギストスはアトレウスを殺し,テュエステスを王位につけたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てゅえすてす【テュエステス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

テュエステス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テュエステスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation