@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テュロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テュロス
Tyros; Tsur
チュロス,ツールとも呼ばれる。フェニキアの古代都市。地中海東岸にあり,元来は島の上にあった。聖書ではツロ。現在レバノンの一小都市となっており,スールと呼ばれる。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによれば,前 28世紀頃からこの町は存在したが,前 14世紀のアマルナ文書にもその王アビメレクの名が見出され,その後フェニキアの都市国家間の覇権を握ったばかりでなく,国外に植民地をも建設した。航海術,工芸,深紅色染料生産などの技術にすぐれ,カルタゴはその最も有名な植民地であった。旧約聖書にみられるようにイスラエルとの交渉も多く,ダビデ,ソロモン時代には,テュロスの王ヒラムによってイスラエルとの友好関係が維持され,その高度の技術がイスラエルに導入された。またアハブ王 (在位前 875~852) はテュロスの王女イゼベルと結婚し,その結果イスラエル王国に異教が導入されることにもなった。新約聖書にもこの町は登場するが,636年にイスラム教徒によって征服され,十字軍による占領,さらにアラブ人による奪回を経た。現在残る主要な遺跡はローマ帝政期以後のものである。 1984年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テュロス【Tyros】
フェニキアの海港都市。現在名スール。聖書ではツロと記される。旧約聖書などの古代文献により,エジプトやソロモン王との交易,カルタゴ植民など王政下での繁栄が伝えられ,とくに巻貝からとる深紅色染料(貝紫,シリア紫)の産地として有名。前332年アレクサンドロス大王が攻略,市街のあった出島を陸続きとし,市民8000人を殺し,3万人を奴隷としたという。前274年以後は貴族たちの下に共和政の都市として存続,セウェルス帝によってローマ植民市の資格を受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

テュロス(Tyros)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テュロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テュロスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation