@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テルトゥリアヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テルトゥリアヌス
Tertullianus, Quintus Septimius Florens
[生]155頃.カルタゴ
[没]220頃.カルタゴ
キリスト教著作家,法律家。最初プラトンやストア哲学を学び,のちキリスト教に改宗した。ユスチノスの影響により護教家として多数の著作を著わし,異教と異教の学問,とくにギリシア哲学,グノーシス派を攻撃した。キリスト教思想に対する彼の大きな貢献の一つは,ラテン語による神学上の用語および哲学上の用語の創作であり,ペルソナという概念は彼によって初めて専門的に用いられた。「不合理ゆえにわれ信ず (クレド・クイア・アブスルドゥム ) 」という言葉は有名。晩年モンタヌス派の運動に参加し教会信仰より離れた。作は『護教書』 Apologeticum (197頃) ,『ヘルモゲネスを駁す』 Adversus Hermogenem (200/6) ,『霊魂の証明について』 De testimonio animae (197/200) ,『マルキオンを駁す』 Adversus Marcionem (207/8) ほか。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テルトゥリアヌス(Quintus Septimius Florens Tertullianus)
[160ころ~222ころ]ローマ時代のキリスト教神学者。カルタゴ生まれ。「三位一体」をはじめ、多くのラテン的キリスト教用語を定めた。著「キリストの肉について」など多数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テルトゥリアヌス【Quintus Septimius Florens Tertullianus】
160ころ‐220以後
西方教会の最初の教父,護教家。北アフリカのカルタゴに生まれ,弁論術と法律学を学んだのち,ローマに渡って法律家として働いていたが,195年ころ回心し,帰国して教会のために一生を捧げた。ただし司祭であったか教師であったか,明らかでない。残存する著作の多くはマルキオン,プラクセアスPraxeas,モンタヌスらの異端との論争で(一時モンタヌスの霊的運動に参加したことがある),反グノーシス教父のひとりに数えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テルトゥリアヌス
てるとぅりあぬす
Quintus Septimius Florens Tertullianus
(160ころ―222以後)

2~3世紀のキリスト教護教家。北アフリカのカルタゴで異教徒のローマ軍百人隊長の家庭に生まれる。若き日に相当高度の学問的な訓練を受け、とくに法律学、修辞学に造詣(ぞうけい)が深かった。ローマで弁護士として名声を博したが、30歳のころ、殉教者たちの確固とした態度に打たれてか、キリスト者となって故郷に帰り、教会のなかで活発な文筆活動に没頭した。しかし47歳のころ教会から離れ、妥協を極度に嫌う峻厳(しゅんげん)な性格からモンターヌス派(異端とみなされたキリスト教の一派)に共感を示したが、やがて自分の党派テルトゥリアヌス主義の指導者になった。少なくとも222年以後高齢で没した。彼は最初のラテン教父、護教家として、『キリストの肉について』など多くの著作を通して活躍した。燃えるような信仰心、透徹せる理解力、きわめて魅力のある弁舌は、彼の護教家としての活動に精彩を添え、三位(さんみ)一体論や原罪論に根拠を与えた。また「キリストの復活は不合理であるがゆえに信じられる」など、逆説的な命題に知解を求める心情を託した。

[中沢宣夫 2017年11月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テルトゥリアヌス
(Tertullianus) 古代キリスト教の護教家。カルタゴ出身。異教徒・異端派と戦い、教会の伝統的立場を確立しようとラテン神学の確立に力をそそいだ。「不合理故に我信ず」のことばは彼のものとされる。(一六〇頃‐二二二頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

テルトゥリアヌス
Quintus Septimius Florens Tertullianus 
160ごろ〜220ごろ
初期キリスト教会の教父・著作家
カルタゴに生まれ,195年ごろ回心。厳格な信仰と禁欲的生活とを要求して妥協を許さず,彼の主張の多くは正統神学に採り入れられていった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テルトゥリアヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テルトゥリアヌスの関連情報

関連キーワード

親和数ピネン友愛数魏(中国、三国の一つ)総合年表(北・東・東南アジア)アニケツスピウス1世回復登記イオン結晶静岡(県)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation