@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テルフォード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テルフォード
Telford, Thomas
[生]1757.8.9. ダムフリーンシャー,エスクデール
[没]1834.9.2. ロンドン
イギリスの建築・土木技術者。少年時代,石工に徒弟奉公し,その後ロンドンに出た。この間,独学で建築,土木の技術を修得し,1786年以降,道路橋梁運河港湾の建設,改修従事し,エルズミーア運河 (1793) ,カレドニア運河 (1822) などスコットランドの開発に貢献。イングランドでは,グランドジャンクション運河やバーミンガム運河の工事を行なったが,1826年メナイ海峡にかけた吊橋は特に有名。その他,多くの橋梁,港湾,約 1450km以上の道路建設によってイギリス産業革命の基礎づくりをした。 28年世界最初の工学系学会「土木工学会」 Institution of Civil Engineersの初代会長になった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テルフォード【Thomas Telford】
1757‐1834
運河,橋梁(きようりよう),道路,港湾の建設に活躍したスコットランド生れの土木技術者。石工の徒弟となるが独学で土木建築技術を学び,1786年にシュロプシャーの土地測量士となる。93年にイギリス最大の土木工事といわれたエルズミア運河の監督となり,さらにスコットランドの開発に従事,ここではカレドニア運河や多くの橋梁,道路,港湾を建設した。テルフォードの基礎として知られる道路工法はこの間(1802ころ)に考案されたもので,彼による道路建設技術の開発と改良は,4輪馬車による道路交通の輸送量増加に大きな役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

テルフォード
てるふぉーど
Thomas Telford
(1757―1834)

スコットランドのダンフリー州生まれの指導的土木技術者。30歳まではエジンバラ、ロンドン、ポーツマスで建築家として活躍。やがて運河、橋梁(きょうりょう)、港湾、道路建設に数々の偉業を達成。1793年にセバーン、ディー川を結ぶエルズメア運河、1822年にはスコットランド北海岸沿いのカレドニア運河を、ナポレオン戦争によるインフレーション、材料や労働力不足と苦闘しながら完成。1819~1826年に架けたメナイ海峡吊橋(つりばし)(アングルシー島と本土とを結ぶ)は橋梁技術の金字塔。1808~1810年にスウェーデンのゴータ運河(バルチック海と北海間)を計画、1832年に完成。またスコットランドの多くの港を築き、全国1480キロメートルの道路を構築、砂利と石の4層からなる独特の道路舗装を発明した。1820年イギリス土木学会初代会長となった。

[高橋 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テルフォード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テルフォードの関連情報

関連キーワード

プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いまぶ鳥人幸吉異素六帖大槻玄沢カノーバ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation