@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テレビジョン史(年表)【てれびじょんしねんぴょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

テレビジョン史(年表)
てれびじょんしねんぴょう

1873 スミス(アメリカ)、セレンの光導電現象を発見(光導電セル)
1875 ケアリー(アメリカ)、多線式テレビジョン考案
1884 ニプコー(ドイツ)、機械走査式テレビカメラを発明
1889 エルスター、ガイテル(ドイツ)、アルカリ金属を陰極とする光電管を発明
1897 ブラウン(ドイツ)、ブラウン管を発明
1907 ロージング(ロシア)、ブラウン管を画像表示に使用しテレビの受像実験
1911 スウィントン(イギリス)、撮像用陰極線管を発明
1925 ベアード(イギリス)、テレビ公開実験に成功
1926 八木秀次、宇田新太郎、八木-宇田アンテナ発明、高柳健次郎ブラウン管を用いた「イ」の字の映出に成功
1927 高柳健次郎(浜松高工)、走査線40本のテレビ実験成功
1927 ベル研究所(アメリカ)、ワシントン~ニューヨーク間テレビ公開実験
1928 アメリカWGY局、テレビ実験放送開始
1928 ベアード、大西洋横断送信に成功、またカラーテレビ実験にも成功(テレビジョン)
1929 山本忠興、川原田政太郎(早稲田大学)、走査線60本の大受像画面テレビ実験
1932 BBC(イギリス)でテレビ実験局開局
1933 ツウォリキン(アメリカ)、撮像管アイコノスコープ発明
1935 世界最初の定期放送ドイツで開始(週3回20時30分より22時まで)
1939 日本放送協会(NHK)テレビ実験電波発射
1940 ロース(アメリカ)、撮像管オルシコン発明
1940 アメリカでカラーテレビ実験放送開始
1940 日本放送協会初のテレビドラマ実験放送
1946 RCA社(アメリカ)、イメージオルシコン発明
1948 ベル研究所、トランジスタを発明
1950 NHK、テレビ実験放送再開
1950 RCA社、撮像管ビジコン発明、シャドーマスク受像管発明
1952 日本テレビ放送網(NTV)に初のテレビ予備免許
1952 UHFテレビ放送、アメリカで開始
1953 NHK、東京・名古屋・大阪テレビ中継回線開設・運用開始(中継放送)
1953 NHK、テレビ本放送開始
1953 ラジオ東京テレビ(現、東京放送)に予備免許
1954 2月、全国のテレビ受信契約数1万を突破
1954 NTVのプロレスリング実況放送で街頭テレビに群衆が熱狂
1955 群馬県伊香保温泉で初のCATV開設
1956 NHK、カラーテレビ実験放送開始
1956 アンペックス社(アメリカ)、ビデオテープレコーダー開発
1957 東芝、国産初のカラーテレビ受像機発表
1958 NHK技研、角形カラー受像管開発
1958 NHK、VTR初使用
1958 東京タワー完成
1958 5月、テレビ受信契約数100万突破
1959 NHK東京教育テレビ開局(教育放送)
1959 日本教育テレビ(現、テレビ朝日)開局
1959 皇太子成婚式典報道でテレビ・ブーム
1959 フジテレビジョン開局
1959 NTV、プロ野球ナイターをカラー中継
1959 トランジスタ白黒テレビ発売
1960 9月、NHK、カラーテレビ本放送開始
1961 NHK、日立にUHFテレビ実験局開局
1962 テルスター1号衛星による米欧間テレビ中継成功(衛星放送)
1962 3月、テレビ受信契約数1000万突破、普及率49.5%
1962 NHK総合テレビ、全日放送化
1963 NHK、スローモーションVTR初使用
1963 NHK日立、高萩両UHFテレビ局開局
1963 日米間テレビ衛星中継実験に成功
1963 フィリップス社(オランダ)、プランビコン発表
1964 東京オリンピックの日米間テレビ中継
1964 東京12チャンネル(現テレビ東京)開局
1968 トランジスタカラーテレビ発売
1968 ソニー、トリニトロン開発
1969 アポロ12号、月からカラーテレビ中継成功
1969 NHK、テレビ音声多重実験放送開始(多重放送)
1971 NHK技研、SHF実験局開局
1971 NHK総合テレビ、全時間カラー化
1972 NHKと日立製作所、撮像管サチコン開発
1975 カラーテレビ受信契約数2000万突破
1975 家庭用カセットVTRがVHS方式、ベータ方式で登場
1976 NHK、衛星放送直接受信実験成功
1976 イギリスでテレテキスト実用化
1978 キャプテン実験開始
1978 実験用放送衛星「ゆり」打上げに成功
1979 SHFテレビ局(東京・足立区)開局
1979 NHK、南極からのテレビ生中継実施
1980 日立製作所、液晶白黒テレビを試作(液晶テレビ)
1981 アメリカで高品位テレビを公開
1981 3インチカラーテレビ発売
1982 日本でテレビ音声多重本放送開始(多重放送)
1982 テレビ受信契約数3000万突破
1982 NHK、文字放送実用化試験開始
1983 テレビ放送でAMeDASを利用した天気情報開始
1983 放送大学学園設置(1985年開講)
1984 NHK、高品位テレビの新伝送方式(MUSE)開発
1984 エプソン社より液晶カラーテレビ発売
1984 高度情報通信システム実験開始(東京・三鷹市)
1984 放送衛星「ゆり2号‐a」による放送実験開始
1985 8ミリビデオ開発
1985 NHK、文字放送本放送開始
1985 「高品位テレビ」を「ハイビジョン」と改称
1985 科学万博でハイビジョン実験局開設
1986 放送衛星「ゆり2号‐b」によりテレビ2チャンネル放送開始
1987 NHK、国際電信電話(現KDDI)、衛星を使ってハイビジョン国際伝送実験実施
1989 NHK、衛星放送開始
1990 放送衛星「ゆり3号‐a」打上げ
1991 湾岸戦争でテレビ各局戦争報道一色
1991 ハイビジョン試験放送開始
1992 通信衛星利用のテレビ放送開始(日本ケーブルテレビジョン)
1993 香港でケーブルテレビが放送開始
1994 中国が通信衛星の打上げに成功
1995 韓国でケーブルテレビの本格放送開始。初の通信・放送衛星の打上げに成功
1996 4月フランスでヨーロッパ初のBSデジタル放送開始(ドイツでは7月開始)
1996 日本初のCSデジタル放送「パーフェクTV」(現、スカイパーフェクTV)が放送開始
1997 ビデオ・リサーチ社が関東地区で個人視聴率調査を開始
1997 CSデジタル放送「ディレクTV」が本放送開始
1998 9月、イギリスのBBCが地上デジタルテレビ放送開始
1998 アメリカで地上デジタルテレビ放送が全米40数局で開始
1999 民放連が性・暴力表現の自粛方針を打ち出す
2000 「スカイパーフェクTV」、「ディレクTV」を吸収合併
2000 日本でBSデジタル放送開始
2003 地上デジタル放送開始
2004 不正コピーやインターネットへの不正な配信を防ぐため、デジタル放送の番組の複製を1回限りとする「コピーワンス」導入
2005 BSデジタル放送の普及数、1000万件を突破
2006 地上デジタル放送、すべての都道府県で視聴可能になる
2007 BSデジタル放送推進協会と地上デジタル放送推進協会が統合し、社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)発足。アナログハイビジョン放送終了

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テレビジョン史(年表)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テレビジョン史(年表)の関連情報

関連キーワード

日本郵便制度史(年表)大不況サッカー(フットボール)鉄筋コンクリート構造月曜物語神祇志料地租改正レーピンローンセシーユ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation