@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テレマーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テレマーク
Telemark
(1) クリスチャニアとともに初期ノルウェースキー術 (ノルディックスキー ) の代表的な回転および停止技術。回転する方向との足を前に出し,それに体重を移して回転方向に向け,回転したあとは後ろ足をひきつけてそろえる。片足による美しい回転技術である。国際スキー連盟 FIS主催の世界選手権大会が開かれる。
(2) ジャンプで,着地する際に要求される姿勢。飛型点の重要な要素。長い距離で姿勢を維持できた場合は高得点となる。反対に,姿勢がとれなかったり不安定な場合は減点対象になる。両手を水平に広げ,両足前後に開いて,膝と足首を曲げながら着地の衝撃を和らげる。 (1) の回転スタイルからの呼称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テレマーク(telemark)
スキー創始期の代表的な滑降・回転技術。スキーを前後にずらし、深くひざを曲げる姿勢を基本とする。現在ではジャンプの着地姿勢などに用いる。ノルウェーの地名から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てれまーく【テレマーク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

テレマーク
〘名〙 (telemark ノルウェーの地名 Telemark に由来)⸨テレマルク⸩
① スキーで、谷側のひざを曲げ、大きく前に出した山側スキーの内エッジで行なう回転・停止技法。緩斜面・深雪に適する。クリスチャニアとともに、創始期のノルウェースキー術の代表的なもの。〔アルス新語辞典(1930)〕
② スキーのジャンプ競技で、着地の姿勢をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テレマーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テレマークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation