@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テンポ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テンポ
tempo
音楽用語。元来は時,時。音楽作品の速度規定。ラルゴアダージョアレグロプレストなど現在用いられている速度記号は 17世紀にイタリアで採用され,その後広く用いられるようになった。メトロノーム数による速度の規定ベートーベンによって始められた。テンポの選択は一般に音楽解釈上の重要な要素であるため,実際には演奏者や指揮者の曲の解釈によって決定される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テンポ(〈イタリア〉tempo)
楽曲の演奏で、譜面に指定された速度。
物事の進みぐあい。「時代のテンポにあわせる」「急テンポ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

テンポ【tempo】
進み具合の速さ。 速い-で進行する
音楽で、その楽曲に指定された速度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テンポ
てんぽ
tempoイタリア語
楽曲が演奏される速さを意味する音楽用語。イタリア語の原義は「時間」を意味する。17世紀の中ごろまでは、基本となる音符の音価(拍の単位)が人間の脈拍(毎分60~80)に一致させられており、そのためテンポは音符そのものによって自動的に決定されていた。しかし、しだいに作曲家はアダージョadagioやアレグロallegro、プレストprestoなどの用語を用いて、自己の楽曲の速さを指示するように変わっていった。この方法は、最初に広くイタリアで始められたため、その後、長い間イタリア語による表示が慣例となった。
 さらに18世紀の前半、メトロノームが発明されたことにより、作曲家はより正確に楽曲の速さを指定することができるようになった。なかでもベートーベンは、好んでこの方法を用いている。メトロノーム表示は、1分間に打つ拍数を示し、=72(1分間に4分音符を72回打つ)のように記される。
 非欧米諸国では、音楽の伝承が口伝による場合が多かったり、音楽そのものがかならずしも定量的にとらえられなかったりするため、西洋音楽で用いられているテンポの概念に相当するような音楽用語、ないし音楽実践はあまりみられない。[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テンポ
〘名〙 (tempo)
① 楽曲の演奏にあたって譜面に指定された速度のこと。もとは一分間の脈搏、または歩行の数で示されたが、一八一九年ヨハン=メルツェルのメトロノームの発明以後は、その拍数が速度標語として示されるようになった。〔外来語辞典(1914)〕
② 物事の進み具合。進行の速度。
※三太郎の日記(1914‐18)〈阿部次郎〉一「心のテンポが漸次快速になるにつれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンポ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テンポの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation