@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テーゼ

デジタル大辞泉

テーゼ(〈ドイツ〉These)
哲学で、定立(ていりつ)
政治運動の活動方針となる綱領

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テーゼ
てーぜ
thesis 英語
These ドイツ語
thèse フランス語

ある観念をまとめて表現・主張する文章。定立あるいは措定(そてい)ともいう。定立に対立するのがアンチテーゼAntithese(ドイツ語。反定立)で、特定の肯定的主張に対応する否定的主張をいう。両方の矛盾・対立が統一された状態をジンテーゼSynthese(ドイツ語。総合)という。カントの二律背反では、同等の権利をもって語ることのできる、世界についての根本主張の最初の肯定的なほう、たとえば「自由は存在する」が定立であり、反定立は「自由は存在しない」である。フィヒテは、自我と非我の対立を、両者をともに可能にする第三者の内に総合する立場を、「定立―反定立―総合」と定式化した。

[加藤尚武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テーゼ
〘名〙 (These)
① ある問題について提出された命題。提議。主張。〔アルス新語辞典(1930)〕
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉八「定住者の文学、旅行者の文学、というテーゼを考えたことがあった」
② ヘーゲルの弁証法で、認識の出発点となる肯定的主張。定立。
※ラヂオ・モンタージュ(1931)〈寺田寅彦〉「其の芸術の技法には〈略〉テーゼ、アンチテーゼの綜合も勿論暗黙の間に諒解されて居るが」
③ 政治運動の活動方針となる綱領。〔モダン新用語辞典(1931)〕
※ダイヴィング(1934)〈舟橋聖一〉二「素破抜けて活気のある新進評論家の提唱するテーゼの審議がはじめられた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation