@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テーヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テーヌ
Taine, Hippolyte Adolphe
[生]1828.4.21. アルデンヌ,ブージエ
[没]1893.3.5. パリ
フランスの批評家,歴史家,哲学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学んだが,自由主義的思想を危険視されて大学教授への道を断たれ,文筆活動に転じた。『批評・歴史論集』 Essais de critique et d'histoire (3巻,1858~94) ,『英文学史』 Histoire de la littérature anglaise (4巻,63~64) など,厳密な実証主義,合理主義の立場に立つすぐれた研究,批評を多くの雑誌に寄稿。 1864年パリ美術学校教授に迎えられ,『芸術哲学』 Philosophie de l'art (65~69) や『知性論』 De l'intelligence (70) を書いて,人種時代環境の三大要素を骨子とする批評方法論を展開した。未完の大現代フランスの起源』 Les Origines de la France contemporaine (76~93) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

テーヌ(Hippolyte Adolphe Taine)
[1828~1893]フランス歴史家批評家哲学者コント実証主義文学芸術歴史研究に適用し、文化は人種・環境・時代の三条件で決定されると主張。著「芸術哲学」「現代フランスの起源」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

テーヌ【Hippolyte Adolphe Taine】
1828‐93
フランスの実証主義哲学者,批評家,歴史家。アルデンヌ県ブージエに生まれる。スピノザヘーゲルコンディヤック,ミル等の影響をうけ,コント風の実証主義者であるとともに,すぐれた思弁家として,心理的事象も物理的事象と同じく〈驚くべき必然性〉を有し,複雑な現実の様相も分析と抽象によって単一な要素に還元され,この本源的原因から逆に存在のすべての形式を演繹(えんえき)的に説明しうるとする決定論をとなえた。彼の意図は,歴史学を心理学として成立させ,その研究方法を実証科学,とくに博物学との類似に求めることにあったが,そこから歴史発展の一般的諸条件としての〈人種,環境,時代〉の三大原動力や,その中におかれる個人の精神的能力の基本的要素としての〈主要機能〉の観念に達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

テーヌ【Hippolyte Taine】
1828~1893 フランスの歴史家・評論家。コントの実証主義を文芸評論に導入し、民族・環境・時代の三条件から人間および文芸作品を分析した。著「英文学史」「歴史及び批評論」「芸術哲学」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テーヌ
てーぬ
Hippolyte Adolphe Taine
(1828―1893)
フランスの哲学者、批評家、歴史家。フランスの写実主義自然主義文学に理論的根拠を与えた思想家。4月21日、アルデンヌ県ブージエに生まれる。高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)に首席入学の俊秀であったが、彼のコンディヤック風な感覚論哲学が当時の講壇哲学の主流折衷主義と相いれなかったため学界の迫害を被り、大学教授への道をふさがれる。1864年美術学校で美学、芸術史講座を担当するまで論壇で活躍する。
 明確な哲学的方法による折衷主義、実証主義批判の書が『19世紀のフランス哲学者』(1857年刊、1868年改題)。『イギリス文学史』5巻(1864~1869)は日本の坪内逍遙(つぼうちしょうよう)らに至るまで世界の文芸思潮に影響を及ぼした。序論で、文学、芸術は人種、環境、時代の三大因子と作家、芸術家の主要機能によって規定されると説く。『芸術哲学』(1882)は美術学校の美学、芸術史講義の結実であり、フランスにおける革命の病根を過去に探る未完の『現代フランスの起源』(1875~1893)は保守的側面を代表する書である。ほかに哲学的、心理学的著作『知性論』(1870)がある。アカデミー会員。1893年3月5日パリで没。[横張 誠]
『平岡昇訳『イギリス文学史序論』(『世界思想教養全集 第9(近代の文芸思想)』所収・1963・河出書房新社) ▽広瀬哲士訳『芸術哲学』(1937・東京堂) ▽岡田真吉訳『近代フランスの起源』2冊(角川文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テーヌ
(Hippolyte Taine イポリット━) フランスの哲学者。歴史家、評論家。実証主義的立場にたち、人種・環境・時代の三要素から歴史や文芸作品を解明する科学的批評を樹立した。主著「芸術哲学」。(一八二八‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

テーヌ
Hippolyte Adolphe Taine
1828〜93
フランスの哲学者・批評家・歴史家
『イギリス文学史』(1864)でリアリズム文学論を展開し,特に文化発展の三大基本法則として民族・環境・時代を重視し,決定論的写実主義の立場に立った。また『現代フランスの起源』(1875〜93)で,フランス革命史を保守的・伝統主義的立場から著した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テーヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テーヌの関連情報

関連キーワード

宇田川榕菴ベルセリウスドラクロアカションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケルメーソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation