@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

テーマパーク

デジタル大辞泉

テーマ‐パーク
《〈和〉Thema〈ドイツ〉+park》ある主題に基づいて、その中のショー・乗り物・展示物などが統一されたレジャー施設。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テーマパーク
theme park
歴史,あるいは架空のキャラクターや企業のイメージなど,あるテーマに統一してサービスを提供するレジャー施設。 1955年に建設されたアメリカ合衆国ディズニーランドがその原型といわれる。日本では 1983年に開園した東京ディズニーランドの成功が契機となり,リゾートブームを背景に各地でテーマパークが開設された。既存のレジャー施設に比べて施設開発・整備に多額の投資を要するが,客単価は相対的に高い。また大人の客が比較的多いのが特徴。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テーマパーク
てーまぱーく
theme park

在来型の遊園地と異なり、入場者の想像力に働きかけるアイデア(テーマ)によってすべての設備を組み立て、遊びを演出する大規模娯楽施設。入場者が入園と同時に、テーマの魅力にとらえられ、時間を忘れて物語の世界に浸ってしまうようにつくられた遊びの空間がテーマパークである。日本では1983年(昭和58)に開業した東京ディズニーランド(千葉県浦安(うらやす)市)の成功が、テーマパークの意義を浸透させる原動力となった。東京ディズニーランドの基本コンセプトは、ファミリー・エンターテインメント(家庭娯楽)の基本をしっかりとつかみ、世代を超え、また国境を越えて子どもから大人まで、すべての入場者が心躍る世界に浸り、楽しめるという創業者ウォルト・ディズニーの「哲学」を堅持しながら、時代の変化に敏感に対応して、たえずアトラクション(娯楽施設)とイベント(催し物)を新しく創造し続けていることである。リピーター(再入場者)が占める割合が高く、かつアジア諸国からの外国人来園者が多いのは、こうした「哲学」が従業員の接客態度をはじめ遊戯施設、レストラン、売店、さらには樹木、ベンチ、ごみ箱にいたるまで細かく配慮されていることにもよる。テーマパークが成功する基本は、多様な利用者が、快適に、かつ楽しく時間を過ごすことのできるくふうがきめ細かになされているという点にある。そのためには、各種娯楽施設をただ並べるだけであった在来型の遊園地の発想からの脱却が、不可欠となる。2001年(平成13)には東京ディズニーシーが開業し、ディズニーランドと二つのテーマをもつ東京ディズニーリゾートになった。

 日本のテーマパークには、(1)メディアでおなじみの場面、場所、できごとなどが体験できるアトラクションやキャラクターとのふれあいが経験できるイベントで、非日常的空間を演出するディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)型のもの、(2)長崎県のハウステンボス(佐世保(させぼ)市)にみられるような外国の町並みなどを再現する滞在リゾート型のもの、(3)ディズニーリゾート型の対極に位置する日本独特の温泉型の雰囲気をもつもの、たとえばスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)のように常夏の楽園と温泉をコンセプトにして、フラガールをアピールポイントに置き、屋内温泉公園に露天風呂を設置するものなど、(4)教育・学習型のもの、たとえば宇宙にコンセプトを絞り込んで、宇宙博物館をはじめ、子どもに宇宙旅行の夢を与えるスペースワールド(北九州市)などがある。また室内型としてはサンリオピューロランド(東京都多摩市)がその先駆で、都市室内型テーマパークの建設も進んでいる。さらに従来のゲームセンターにテーマパークのアイデアを盛り込み、大型アミューズメント施設としての性格をもちつつ、テーマパークの発想を加えたものなど多彩な展開をみせている。現代では、テーマパークという発想はいわゆる「遊園地」ばかりではなく、デパートをはじめ専門店にも波及しており、明確なテーマに絞り込んで商品やサービスを演出する手法は、消費のあらゆる領域に広がっている。

[藤竹 暁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テーマ‐パーク
〘名〙 (洋語Thema+park) ある一つの主題に基づいて全体が構成されたレジャー施設。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テーマパーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テーマパークの関連情報

関連キーワード

公園世界のおもな動物園テーマソングテーマミュージックメーンテーマシューマンの主題による変奏曲ハイドンの主題による変奏曲パガニーニの主題による変奏曲ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation