@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディアギレフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディアギレフ
Diaghilev, Sergei Pavlovich
[生]1872.3.31. ロシア帝国,ノブゴロド
[没]1929.8.19. イタリア,ベネチア
ロシアのバレエ・プロデューサー,バレエ・リュスの主宰者。20世紀初頭に画期的な芸術運動を展開,バレエの近代的復興をなしとげた。貴族の子として生まれ,初めサンクトペテルブルグで法学を勉強。のち音楽に転じて 1892年同地の音楽学校を卒業。美術雑誌『芸術世界』Mir Iskusstva(1898~1904)を発行。1899~1901年マリインスキー劇場バレエ団の監督助手を務める。1908年パリオペラ座でフョードル・イワノビッチ・シャリアピンらロシア人音楽家を用いてモデスト・ペトロビッチ・ムソルグスキーのオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』を公演。以後はバレエを専門に手がけ,1909年バレエ・リュスをパリで結成。イーゴリ・フョードロビッチ・ストラビンスキーら音楽,美術,舞踊など各界の尖鋭な芸術家を起用,総合芸術として融合させ,『シェエラザード』(1910),『牧神の午後』(1912),『春の祭典』(1913),『火の鳥』(1916),『三角帽子』(1919)などの野心作をロンドン,モンテカルロ,パリ,ニューヨークなどで次々に発表。高い教養と優れた統率力,抜群の興行センスをもち,常に新しい芸術運動の先頭に立って,世界のバレエ界を 20年にわたって制覇した。バレエ・リュスは 1929年ディアギレフの死とともに解散。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディアギレフ(Sergey Pavlovich Dyagilev)
[1872~1929]ロシアバレエ団バレエリュス)の主宰者。1909年に、パリで同バレエ団を結成。作曲家・振付師舞踏家・美術家と提携して革新的な近代バレエの道を切り開いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディアギレフ【Sergei Pavlovich Diaghilev】
1872‐1929
〈バレエ・リュッス〉の主宰者。ロシアの貴族に生まれる。大学教育のためにペテルブルグに行き,進歩的な文人や画家,音楽家のグループに入る。たちまちその主導的人物となり,1899年美術雑誌《芸術世界》を創刊。同時期に帝室劇場管理部に地位を得,《帝室劇場年鑑》の編集にたずさわり,バレエ《シルビア》の上演を任されるが,後者は因襲的な周囲との摩擦によって中止となり,まもなく免職となった。つづいてロシア芸術を西欧に紹介することに専念し,1906年絵画展,07年音楽会をパリで開催,翌08年にはシャリアピンを主役として歌劇《ボリス・ゴドゥノフ》を上演して大成功を収める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディアギレフ
でぃあぎれふ
Сергей Павлович Дягилев/Sergey Pavlovich Dyagilev
(1872―1929)

ロシアのバレエ団主宰者。3月19日、ノブゴロドの貴族の家に生まれる。1898年友人と『芸術の世界』を創刊(~1904)。ヨーロッパ各地に、美術のみならず音楽やバレエなどロシア芸術の紹介に努めた。1909年、ディアギレフ・ロシア・バレエ団を組織して、パリで旗揚げし、以降20年間その団長として活躍、ロンドン、パリ、モンテカルロ、ニューヨークなどで次々と公演を行った。ロシアの野性を象徴するニジンスキーの踊り、ストラビンスキーの音楽など、エキゾティシズムとリリシズムを兼ね備えたロシア・バレエはヨーロッパの社交界、芸術界を巻き込み、時代をリードした。世界の舞踊界に大きな影響を与えた彼は、29年8月19日にベネチアで死去した。

 ロシア・バレエ団に関係した美術家にバクスト、ブノア、ピカソ、マチス、ゴンチャロフ、エルンスト、音楽家にストラビンスキー、サティ、プロコフィエフ、プーランク、ミヨー、オーリック、舞踊家にニジンスキー、パブロワ、カルサビナ、マシーン、バランチンなど数多い。

[市川 雅]

『R・バックル著、鈴木晶訳『ディアギレフ――ロシア・バレエ団とその時代』全2冊(1978、83・リブロポート)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ディアギレフ
(Sjergjej Pavlovič Diagiljev セルゲイ=パブロビチ━) ロシアの芸術運動家、バレエのプロデューサー。ロシア‐バレエ団(バレエ‐リュス)を率いてロシア、ヨーロッパで活躍。多くの新進舞踊家を育て二〇世紀近代バレエの黄金時代を招く。また、バレエ音楽の作曲でストラビンスキーを、舞台装置でピカソ、キリコらを活躍させた。(一八七二‐一九二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディアギレフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディアギレフの関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation