@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディオスクロイ

世界大百科事典 第2版

ディオスクロイ【Dioskouroi】
ギリシア神話の双子の兄弟,カストルKastōrとポリュデウケスPolydeukēs(ラテン語ではポルクスPollux)のこと。しばしば兄弟愛の典型とされる。スパルタ王テュンダレオスTyndareōsの妃レダの子で,ヘレネ,クリュタイムネストラの兄弟。父に関しては,ゼウス(ディオスクロイとは〈ゼウスの息子たち〉の意)とも,テュンダレオスとも,あるいはまた,白鳥の姿に変じたゼウスがレダと交わったあと,レダは夫とも同衾したので,ゼウスの種からはポリュデウケスとヘレネが,テュンダレオスの種からはカストルとクリュタイムネストラが生まれたともされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ディオスクロイ【Dioskūroi】
ギリシャ神話で双子の兄弟、カストルとポリュデウケス(ラテン語名、ポルクス)をいう。戦場や嵐の海上に出現して人々を救うと信じられた。セントエルモの火として知られ、船乗りの守護神とされる。後、双子座の星と同一視された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディオスクロイ
でぃおすくろい
Dioskuroi
ギリシア神話の双子神カストルとポリデウケスのこと。「ゼウスの息子たち」の意味であるが、母のレダがティンダレオスの妻であることから、ティンダリダイ(「ティンダレオスの子」の意)ともよばれる。母のレダが、白鳥の姿に身を変じたゼウスと交わったその同じ夜、夫のティンダレオスとも床をともにしたため、ゼウスとの間からは、ポリデウケスとヘレネが、またティンダレオスとの間からはカストルとクリタイムネストラが生まれた。カストルは死すべき身、つまり人間で、ポリデウケスは不死の身、つまり神であるとされるが、ホメロスによれば両者とも人間となっている。
 あるときディオスクロイは、イダスとリンケウスの兄弟とともに、アルカディアから分捕り品の牛を連れ出し、その分配をイダスに任せた。ところが大食漢のイダスの策略から牛を全部巻き上げられたので、彼らはメッセネまで奪い返しに行き、いったんは取り戻したがカストルはイダスに殺された。ポリデウケスはリンケウスを槍(やり)で殺すが、イダスを追跡中に彼に石を頭に投げられて倒れ、このときゼウスが雷霆(らいてい)でイダスを撃ち、ポリデウケスを天上に連れていった。ポリデウケスはカストルが死者となっている限り自分の不死を受けることを拒絶したため、ゼウスは2人に1日交替に神々と人間の間にいることを許した。つまりポリデウケスの不死を2人で分かち合うことにしたのである。一説ではゼウスは両者を天上に連れていき、冬の夜空を飾る星座に加えたという。これがふたご座Geminiである。さらに彼らは航海の守護神となったが、暴風雨のときに船の舳(へさき)に現れる「聖(セント)エルモの火」は、もともとディオスクロイの出現と信じられていたようである。[伊藤照夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディオスクロイ
カストルとポリュデウケス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディオスクロイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディオスクロイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation