@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディオスコリデス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディオスコリデス
Dioscorides, Pedanius
[生]40頃.キリキア,アナザルボス
[没]90頃
ギリシアの医者,植物学者。タルススやアレクサンドリアで医学を学ぶ。ローマ皇帝ネロの軍医として各地を回り,多くの植物・鉱物の特徴,分布,薬物効果を実地に調査。主著『物論』 De materia medica (5巻,77頃) を残す。マリファナ,コルヒチンなどおよそ 600に及ぶ薬用植物が,正名,異名,産地を付して記載され,用途に応じて分類されている。また動物の乳や蜂蜜など分泌物の薬物栄養効果,アヘン,マンドレークからつくられた睡眠薬の記述などもみられる。中世,近代初期にかけて多くの言語に翻訳され,広く読まれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディオスコリデス【Dioskoridēs】
ローマ時代の医者,古代における薬物学の大成者。生没年は不詳だが,後50‐70年がその活躍期。ディオスクリデスDioskouridēsともいう。小アジアのキリキア地方アナザルボスの出身。ネロ皇帝治下のローマ帝国内で軍医として勤務,広く旅して薬物を実地研究し,《薬物誌》5巻を著した。薬物に対する合理的で鋭い鑑識眼をそなえ,当時形式化されかけていた分類法を再構築し,植物・動物・鉱物万般を収れん・利尿下剤など,薬理・機能上から分類した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディオスコリデス
でぃおすこりです
Pedanios Dioskorides
(40ころ―90ころ)
ローマ時代のギリシア系の植物学者、薬学者。小アジアのアナザルボス(トルコのアダナ付近)の出身で、1世紀後半に活躍した。ローマ皇帝ネロ(在位54~68)の軍隊で軍医として勤務、医学的には四体液説(病気の原因は四つの体液のアンバランスにあるとした説)をとった。著書に百科事典的な『薬物について』Peri hyls iatriks5巻がある。そこには約500種の薬草があげられ、それらの名称と薬効が記されている。そしてプラトンからネロ帝までの時代の薬草の知識を、迷信を排しながら注意深く選択、整理し、それ以前の古い薬学書を科学的に批判している。この著書は、ルネサンス以後までも影響を及ぼした。[平田 寛]
『鷲谷いづみ訳『ディオスコリデスの薬物誌』(1983・エンタプライズ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディオスコリデス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディオスコリデスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation