@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディック
Dick, George Frederick
[生]1881.7.21. インディアナフォートウェーン
[没]1967.10.10. カリフォルニア,パロアルト
アメリカの医師,細菌学者。夫人のグラディス (細菌学者) と協力して,猩紅熱の原因,予防および治療法を発見した。 1905年,シカゴのラッシュ医科大学を卒業し同大学教授 (1913~33) ,同医学部長 (33~45) 。猩紅熱の病原体である溶血性レンサ球菌を分離し,毒素 (ディックトキシン) による免疫や抗毒素による治療を創案した。また 24年,予防と治療にあてるための毒素と抗毒素を抽出し,猩紅熱に対する感受性と免疫を検査する皮膚反応 (ディック反応) を開発した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディック【Philip Kendred Dick】
1928‐82
アメリカのSF作家。1960年代には短編の名手として知られたが,やがてユングの思想等に共鳴して,原因と結果の緊密な関係(因果律)を原理とする現実世界の虚妄性に関心を向け,SFの枠を超える問題作を書きだした。枢軸側が第2次大戦に勝利した〈もう一つの歴史〉を易学応用によって描いた《高い城の男》(1962)でヒューゴー賞を受賞。以後は人間の意識と現実との複雑な関係を独創的な視点から解明しつづけ,注目を集めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ディック【Philip K. Dick】
1928~1982) アメリカの SF 小説家。現実と虚構の錯綜を主たるテーマとして、擬似現実化した現代社会のありようをいち早くとらえた。代表作「高い城の男」「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディック
でぃっく
Philip K. Dick
(1928―1982)
アメリカのSF作家。1952年からSFを書き始め、57年『宇宙の目』で作家としての地位を確立した。SFの定石的テーマを扱いながら、それを個人の意識の内宇宙的ファンタジーへと転化させて、一種独特の幻想世界を創造する作家。好んで教祖的人物を登場させて、寓意(ぐうい)性を強調するところに特色がある。ヒューゴー賞受賞の『高い城の男』(1962)は、第二次世界大戦にアメリカが負けて太平洋岸諸州が日本に占領されるという設定のストーリーで、東洋哲学の易経が絡み、客観的現実と並置されるもう一つの現実が生まれてくる。ほかに『火星のタイム・スリップ』(1964)、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(1968)、『バリス』(1981)など。[厚木 淳]
『小尾芙佐訳『火星のタイム・スリップ』(ハヤカワ文庫) ▽浅倉久志訳『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(ハヤカワ文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディックの関連情報

関連キーワード

アレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候ブラジル文学ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約日本鉄道

他サービスで検索

「ディック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation