@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディプレッション型MOSトランジスタ【ディプレッションがたモストランジスタ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディプレッション型MOSトランジスタ
ディプレッションがたモストランジスタ
depletion type MOS transistor
MOS電界効果トランジスタのうち,ゲート電圧が0の場合にもすでにチャネルが存在し,ドレイン電流が流れる型のものをいう。nチャネルの場合にはゲートに負バイアスを,pチャネルの場合には正バイアスを印加すると,チャネルの一部からキャリアがなくなり,チャネルの厚さが減じて伝導にあずかるキャリアの数が減るので,ドレイン電流が減少する。このようにゲートバイアスによってドレイン電流が減少する動作状態はディプレッション・モードと呼ばれる。ゲートバイアスの極性を逆にするとドレイン電流は増加する。ディプレッション型とエンハンスメント型は,MOS構造の酸化膜の性質あるいはチャネル部分の半導体の不純物密度などを制御することによりつくり分けられている (→エンハンスメント型 MOSトランジスタ ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディプレッション型MOSトランジスタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディプレッション型MOSトランジスタの関連情報

関連キーワード

ダイナミックMOSメモリMOS双極型集積回路電卓電界効果トランジスターMISダイオード集積回路MOSトランジスタ薄膜トランジスターCMOS

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation