@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディラン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディラン
Dylan, Bob
[生]1941.5.24. ミネソタ,ドゥルース
アメリカ合衆国のシンガー・ソングライター。本名 Robert Allen Zimmerman。ミネソタ大学を中途退学。当時盛んであったフォークソングによる社会的メッセージの手法に影響を受け,ニューヨークのコーヒーハウスで歌い始める。1962年レコード・デビューし,『風に吹かれて』などが公民権運動ベトナム戦争反戦運動と結びついて,若者を中心に支持された。1965年エレクトリック・ギターを取り入れてフォーク・ロック路線に転向,『ライク・ア・ローリング・ストーン』が大ヒットし,一般の聴衆にも受け入れられスターとなる。1980年代からは,おもに宗教色の濃い作品を発表。2000年映画『ワンダー・ボーイズ』の主題歌『シングス・ハブ・チェンジド』でゴールデングローブ賞アカデミー賞を受賞。2008年ピュリッツァー賞特別賞受賞。2012年大統領自由勲章受章。2016年,偉大なアメリカ音楽の伝統のなかで新たな詩的表現をつくりだしたとして,ノーベル文学賞(→ノーベル賞)を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディラン(Bob Dylan)
[1941~ ]米国シンガーソングライター。1960年代、反戦・反体制歌やフォークロックでポピュラー音楽界に大きな影響を与えた。代表作「風に吹かれて」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ディラン
アメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランのアルバム。1973年発表。原題《Dylan》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディラン【Bob Dylan】
1941‐
1960年代以後のアメリカの大衆音楽で,最も重要な歌手,作詞作曲家。本名ロバート・ジンマーマンRobert Zimmerman。ユダヤ系の両親のもと,ミネソタ州で生まれる。高校時代はロックンロールを歌い,ギターを弾いていたが,大学をドロップアウトしてニューヨークに出,当時盛んになりつつあったフォーク・ソング運動の渦中に飛び込み,《風に吹かれてBlowin’ In The Wind》を62年に発表して時代の寵児となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ディラン【Bob Dylan】
1941~  アメリカのフォークソング歌手。フォークソング運動のさなか「風に吹かれて」を発表、時代の寵児となる。のちロック色を深め、1960年代後半ポピュラー界のスターとなった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディラン
でぃらん
Bob Dylan
(1941― )
アメリカのフォーク・ロック歌手、ソングライター、ギター、ハーモニカ奏者。ミネソタ州ダルース生まれ。本名ロバート・アレン・ジマーマンRobert Allen Zimmerman。高校時代にバンドを結成してリズム・アンド・ブルースやロックン・ロールを演奏する。1959年ミネソタ大学に入学したが、フォーク歌手ウディ・ガスリーの影響を受けて、フォーク・ソングを町のコーヒーハウスで歌うようになり大学を中退。イギリスの詩人ディラン・トマスにちなんでボブ・ディランを名のる。1960年12月からニューヨークで生活を始め、名プロデューサーのジョン・ハモンドJohn Hammond(1910―1987)に認められて1961年にコロンビア・レコードと契約、1962年初アルバム『ボブ・ディラン』を発表する。次作アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディランFreewheelin' Bob Dylan(1963)に収録された反戦歌『風に吹かれて』Blowin' in the Windが、ピーター・ポール・アンド・マリーのレコードで1963年に大ヒットし、プロテスト・ソング、モダン・フォーク運動の中心人物となった。
 その後、ロックの感覚とサウンドを取り入れた『ライク・ア・ローリング・ストーン』Like a Rolling Stone(1965)などでフォーク・ロックを創始、表現と活動の幅を広げた。1966年7月バイク事故のため1967年末まで活動休止。1973年に映画『ビリー・ザ・キッド』のために『天国への扉』Knockin' on Heaven's Doorを書き、自身も映画に出演した。1979年にはヒット『ガッタ・サーブ・サムバディ』Gotta Serve Somebodyでグラミー賞最優秀ロック男性歌唱賞を受賞。同年から1981年にかけてキリスト教を歌ったアルバム3枚を発表。1991年グラミー賞特別功労賞を受賞。映画『ワンダー・ボーイズ』のために書いた『シングス・ハブ・チェンジド』Things Have Changed(2000)ではアカデミー主題歌賞を受賞している。優れた詩人であり、新しい時代の意識改革と価値観を説いた彼は、ビートルズとともに世界のポピュラー音楽の流れを大きく変えた。[青木 啓]

その後の動き

「偉大なアメリカ歌謡の伝統のなかで新たな詩的表現を創造した」と評価され、2016年のノーベル文学賞が授与された。歌手が同賞を受賞するのは初めてである。[編集部]
『片桐ユズル・中山容訳『ボブ・ディラン全詩302篇』(1993・晶文社) ▽菅野ヘッケル訳『ボブ・ディラン自伝』(2005・SBクリエイティブ) ▽ジョン・ボールディ編、菅野ヘッケル訳『ボブ・ディラン指名手配――33の証言をもとに真実のボブ・ディランを探る』(1993・シンコーミュージック・エンタテイメント) ▽クリス・ウィリアムズ著、菅野ヘッケル訳『ボブ・ディラン イン・ヒズ・オウン・ワーズ』(1994・キネマ旬報社) ▽パトリック・ハンフリー著、西留清比古訳『ボブ・ディラン全アルバム解説』(1996・バーン・コーポレーション) ▽アンディ・ギル著、五十嵐正訳『歌が時代を変えた10年――ボブ・ディランの60年代』(2001・シンコーミュージック・エンタテイメント) ▽デイヴィッド・ドールトン著、菅野ヘッケル訳『ボブ・ディランという男』(2013・シンコーミュージック・エンタテイメント) ▽ハワード・スーンズ著、菅野ヘッケル訳『ダウン・ザ・ハイウェイ――ボブ・ディランの生涯』新装版(2016・河出書房新社) ▽湯浅学著『ボブ・ディラン――ロックの精霊』(岩波新書) ▽中山康樹著『ボブ・ディラン解体新書』(廣済堂新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディランの関連情報

関連キーワード

清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広[各個指定]工芸技術部門スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation