@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ディールス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディールス
Diels, Hermann
[生]1848.5.18. ビーブリヒ
[没]1922.6.4. ベルリン
ドイツの古典文献学者,哲学史家。 1886年ベルリン大学教授。ギリシア哲学の文献の校訂注釈の仕事が多く,特にソクラテス以前の哲学史研究で有名。主著パルメニデス』 Parmenides (1897) ,『ヘラクレイトス』 Herakleitos (1901) ,『ソクラテス以前の哲学者断片集』 Die Fragmente der Vorsokratiker (3巻,03) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディールス
Diels, Otto Paul Hermann
[生]1876.1.23. ハンブルク
[没]1954.3.7.
ドイツの有機化学者。ベルリン大学の E.フィッシャーのもとで学び,ベルリン大学教授 (1914) ,キール大学教授 (16~45) を歴任。 1906年,きわめて反応性の高い亜酸化炭素 (無水マロン酸) を発見し,この性質と化学組成を決定した。また金属セレンを使って,種々の有機分子の水素を除去する脱水素反応の簡単な方法を発見した。彼の最も有名な研究は弟子の K.アルダーと共同で発見したジエン合成であり,現在ディールス=アルダー反応として知られる。この反応により,炭素・炭素二重結合を2個有するジエンから多くの有機化合物を合成し,得られた化合物の分子構造を解明し,この反応が合成ゴムやプラスチックの製造に特に重要であることを示した。アルダーとともに 50年ノーベル化学賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディールス(Otto Paul Hermann Diels)
[1876~1954]ドイツの有機化学者。ディールス‐アルダー反応とよばれるジエン合成の方法を大成し、1950年、弟子アルダーとともにノーベル化学賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディールス【Hermann Diels】
1848‐1922
ドイツの古典文献学者。H.ウーゼナーの下で学び,のちベルリン大学教授となる。ギリシア古代哲学,ギリシア医学を専門とする。《ギリシア医学集成》や《ギリシア語アリストテレス注釈》26巻(1882‐1909)の刊行に指導的役割を果たした。しかし本領はソクラテス以前の哲学史研究で,《ギリシア学説誌家》(1879),《前ソクラテス期哲学者断片》3巻(1903‐10)は画期的研究として,今日においてもなお根本的研究にとって重要な業績である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ディールス【Otto Paul Hermann Diels】
1876~1954 ドイツの有機化学者。ジエンの合成法を K =アルダーとともに発見。1950年、共にノーベル化学賞受賞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディールス
でぃーるす
Otto Paul Hermann Diels
(1876―1954)
ドイツの有機化学者。1月23日ハンブルクの生まれ。ベルリンで化学を学び学位取得(1899)、E・フィッシャーに学び、ベルリン大学準教授(1914)、キール大学教授(1916~1948)。おもな業績には以下のようなものがある。(1)マロン酸の水素化による亜酸化炭素の発見とその性質について(1906)、(2)コレステリンや胆汁酸など炭化水素をセレンにより脱水素し、ディールスの炭化水素C18H16を導き(1935)、ステリンの炭素骨格の構造研究に貢献、(3)ディールス‐アルダー反応として知られるジエン合成(1928年より弟子アルダーとともに研究着手)の方法を大成し、付加反応の性質の解明や、環状化合物の合成や、共役二重結合を分析的に測定する方法に役だてた。これによって、各種の重合が行われ、化学工業や香料工業の発達が促され、1950年、アルダーとともにノーベル化学賞を受けた。3月7日、キールで没した。[岩田敦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ディールス
生年月日:1848年5月18日
ドイツの古典文献学者,哲学史家
1922年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ディールス
(Otto Paul Hermann Diels オットー=パウル=ヘルマン━) ドイツの有機化学者。ジエン合成(ディールス‐アルダー反応)や亜酸化炭素の発見、ステロイドの構造決定などの業績がある。一九五〇年ノーベル化学賞受賞。(一八七六‐一九五四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ディールス
ディールス
Diels, Otto Paul Hermann

ドイツの有機化学者.1899年にベルリン大学で学位を取得し,大学に残ってE.H. Fischer(フィッシャー)の助手となり,1904年に講師.1914年ベルリン大学助教授,1916年にキール大学教授となり,1948年の引退まで勤めた.1907年に書いた有機化学教科書はよく読まれ版を重ねた.1906年マロン酸の脱水により亜酸化炭素を発見した.ステロイドの研究でセレン脱水素法を考案し,この方法によりステロイドから得た芳香族炭化水素(ディールスの炭化水素)の構造を決定し,ステロイド核の構造決定に大きく寄与した.1928年助手のK. Alder(アルダー)とともに,共役二重結合を有する化合物が不飽和結合をもつ化合物と反応して六員環の化合物をつくる反応(ディールス-アルダー反応)を発見し,1950年Alderとともにノーベル化学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディールス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディールスの関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation