@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デイサイト

世界大百科事典 第2版

デイサイト【dacite】
フェルシックなシリカSiO2に富む火山岩の一つ。安山岩や流紋岩との分類基準は場合によって異なり,石基の色指数が10以下で斜長石がアルカリ長石より多いものをさす場合,SiO2が62~70%の火山岩をさす場合などがある。斑晶鉱物は斜長石,石英,アルカリ長石磁鉄鉱のほか,斜方輝石,オージャイトホルンブレンドなどを含むことがある。石基はガラス質であるか石基鉱物があっても細粒のことが多い。厚い塊状の溶岩流溶岩円頂丘,降下火砕物や火砕流堆積物として産出する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デイサイト
でいさいと
dacitequartz-andesite
花崗閃緑(かこうせんりょく)岩に相当する化学組成をもつ火山岩。石英安山岩ともよばれたが、石英の斑晶を含まないものが多いことなどから、現在ではデイサイトの名称が一般的となっている。デイサイトは安山岩より二酸化ケイ素を多く含み、有色鉱物はすこししか含まない。流紋岩とはカリ長石成分と全長石成分の比によって区別され、この比が3分の1以下をデイサイト、それ以上を流紋岩という。デイサイトは一般に灰色で斑状組織を示す。斑晶としてナトリウムを多く含む斜長石、石英、ホルンブレンド、黒雲母(くろうんも)、磁鉄鉱、ときには橄欖(かんらん)石やざくろ石などを含む。石基はガラス質または結晶質(斜長石、アルカリ長石、シリカ鉱物を主とする)である。島弧(弧状列島)や活動的大陸縁辺域に、カルク・アルカリ岩系列安山岩に伴って産する。[千葉とき子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デイサイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デイサイトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation