@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デイモス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デイモス
Deimos
火星外側衛星内側フォボスとともに 1877年 A.ホールが発見した。平均光度約 12等。半径は約8×6× 6km。公転周期1日6時間 21分。表面には多くのクレータがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デイモス【Deimos】
火星の第II衛星。1877年,A.ホールによって発見された。火星の中心から2万3480km(火星半径の6.91倍)のところを1.26244日で公転している。直径15km×12km×11kmのいびつな形をしており,質量は1.8×1018g(火星の2.8×10-9倍)で,平均密度は1.7g/cm3と求められる。表面はクレーターに覆われており,最大のものの直径は1.3kmある。【田中

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デイモス
でいもす
Deimos

火星の衛星。ダイモスともいう。1877年アメリカ、ワシントン海軍天文台のホールにより、もう一つの衛星フォボスとともに発見された。フォボスより外側に位置しており、半径約2万3500キロメートルの軌道を、30時間18分ほどで公転している。火星探査機による観測で、長径が約16キロメートルの不規則な楕円(だえん)形をしており、表面には多くのクレーターがあることがわかった。

[村山定男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デイモス(Deimos)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デイモス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デイモスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation