@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デカブリスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デカブリスト
Dekabristy; Decembrists
1825年 12月,専制と農奴制の廃棄を目指して蜂起したロシアの革命家たち。ロシア語で 12月のことをデカーブリというので,のちにこう呼ばれた (十二月党員の) 。その中心となったのは 12年の対ナポレオン戦争に参加した貴族の青年将校たちで,最初 16年に6人の士官によって「救済同盟」と呼ばれる秘密結社がつくられ,18年「福祉同盟」に改組されたあと 21年にいったん解散。おもだったメンバーは,立憲君主制的傾向の「北方結社」と共和制を目指す「南方結社」とに分れたが,24年両結社の合同が提議された。翌年 11月皇帝アレクサンドル1世の急死に際し,準備不足のまままずペテルブルグで,次いで南部でも武装蜂起を企てたが鎮圧され,P.I.ペステリら5人の首謀者は死刑,121人がシベリア流刑に処せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デカブリスト(〈ロシア〉Dekabrist)
ツァーリズムの打倒と農奴制の廃止を目標とし、1825年の12月(デカブリ)にペテルブルグで武装蜂起した人々。主流は、ナポレオン戦争などに従軍し、ロシアの後進性を痛感した貴族の士官たち。反乱はたちまち鎮圧され、多数が処刑された。十二月党。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デカブリスト【Dekabristy】
1825年12月に専制と農奴制の廃棄をかかげて,ロシアで初めて武装蜂起を行った貴族の将校たち。ロシア語で12月のことをデカーブリというところから,後に十二月党員(デカブリスト)と名付けられた。 1816年,ムラビヨフAleksandr N.Murav’yov(1792‐1863),ヤクーシキンIvan D.Yakushkin(1793‐1857)ら6人の近衛の青年士官によって,最初の秘密結社〈救済同盟Soyuz spaseniya〉がつくられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

デカブリスト
(djekabrist) 一八二五年一二月、農奴制の廃止、帝政の打倒をかかげて蜂起したロシアの青年将校たち。→十二月党

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デカブリスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デカブリストの関連情報

関連キーワード

産業革命史(年表)アレクサンドルボワソナードホイットニームニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]サン=シモンニコライ1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation