@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デジタルズーム【でじたるずーむ】

パソコンで困ったときに開く本

デジタルズーム
デジタルカメラ被写体を拡大して撮影するズーム機能のひとつです。記録前の画像データに、カメラに内蔵されたプログラムによって拡大処理を施すことです。ズームレンズは不要ですが、細部がぼやけてしまいます。これに対し、CCDに入る前の像そのものをレンズで拡大することを「光学ズーム」といいます。こちらは細部まできちんと拡大されます。

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

デジタル‐ズーム(digital zoom)
デジタルカメラのズーム機能の一。イメージセンサー中央部の画像を拡大して記録する。ズーム倍率が大きいほど、画質は劣化する。電子ズーム。→光学ズーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

デジタルズーム
 撮影画像の一部デジタル処理で拡大し、あたかもレンズでズーミングしたように仕上げる機能。もともとの画像情報はそのままに、画像の周辺部をカットし、トリミングしただけなので、デジタルズーム画像の画質は粗くなってしまう(小さくなった画像を補間処理して実画像と同じ大きさに仕上げるカメラもあるが、いずれにしても実画像に比べ画質の低下は避けられない)。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタルズーム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デジタルズームの関連情報

関連キーワード

補色CCD原色CCDデジタルカメラ固体撮像素子フレームトランスファーCCDビデオカメラ蜂群崩壊症候群CCD撮像素子スーパーCCDハニカム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation