@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デジタル信号【デジタル シンゴウ】

デジタル大辞泉

デジタル‐しんごう〔‐シンガウ〕【デジタル信号】
情報を電気パルス有無で示した信号。コンピューターに利用。→アナログ信号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デジタル信号
デジタルしんごう
digital signal
計数できる信号。連続したを表わすアナログ信号に対する用語。情報伝達の確実さにおいてすぐれ,0と1を区別すれば足りる二進法をその基本とすることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デジタル信号
でじたるしんごう
digital signal

情報の変化を時間的にとびとびの時点での値を表す符号列とした信号をいう。これに対して、情報の変化が時間的に連続している信号をアナログ信号という。デジタル信号の基本となる符号は通常「0、1」の2進数であるが、物理的な電気信号としては電流の有無や電圧のプラス・マイナスもしくは正弦波(交流信号)の位相角0度・180度などに対応させている。アナログ信号の場合は、伝送による減衰やひずみあるいは雑音の混入がそのまま再生信号に影響を与えるため、伝送後の信号は劣化しやすいが、デジタル信号の場合は、符号が情報なので、伝送による減衰やひずみがあっても、符号「0、1」のいずれかであることが識別できれば伝送による信号の劣化は生じない。

[坪井 了・三木哲也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デジタル‐しんごう ‥シンガウ【デジタル信号】
〘名〙 情報を電気パルスの有無で示した信号。コンピュータに利用。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル信号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デジタル信号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation