@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デターディング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デターディング
Deterding, Sir Henri Wilhelm August
[生]1866.4.19. オランダ,アムステルダム
[没]1939.2.4. スイス,ザンクトモリッツ
オランダの石油王。1896年にロイヤル・ダッチ・ペトロリアムに入社し,1902年には総支配人として頭角を現した。翌 1903年ロスチャイルド家から資本を導入することを計画し,イギリスのシェル・トランスポート・アンド・トレーディングとともにアジア・ペトロリアムを設立して石油販売トラストを結成。さらに 1907年に両社を資本合同するとともに,オランダにバターフセ・ペトロリアム,イギリスにアングロ=サクソン・ペトロリアム(のちシェル・ペトロリアムに合併)の 2持株子会社をそれぞれ設立,2国籍をもつ多国籍企業ロイヤル・ダッチ・シェル・グループを形成し,国際石油業界の指導的存在として腕をふるった。第2次世界大戦中はナチスの支援者といわれた。(→ロイヤル・ダッチ・シェル

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デターディング【Henri Wilhelm August Deterding】
1866‐1939
オランダ生れのイギリス実業家。国際石油トラスト,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループの育成者。オランダ貿易金融会社の社員としてペナンに駐在していたが,ロイヤル・ダッチペトロリアム社のケスラー社長に手腕をかわれ,1896年同社へ移り,1900年同氏病没後,社長に就任。アメリカのスタンダード・オイル社のアジア市場進出に対抗するため,02年,ロイヤル・ダッチ,シェル運輸貿易,ロスチャイルド3者の出資によるアジア・オイル社を設立し,その社長となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デターディング
でたーでぃんぐ
Sir Henri Wilhelm August Deterding
(1866―1939)

オランダに生まれイギリスに帰化した実業家。自らの経歴に似たオランダ、イギリスの両国にまたがる多国籍企業、ロイヤル・ダッチ・シェル・グループの創設者として有名。オランダの貿易企業に入り、東南アジアの駐在員として同地の産油事業を知ったのちロイヤル・ダッチ・ペトロリウムに移った。1900年社長に就任、当時世界市場をその支配下に収めようとしていたスタンダード石油に対抗するため、共通の立場にあったイギリスの石油企業、シェル・トランスポートの社長、マーカス・サミュエルやロスチャイルド家と談合し、03年アジアティック石油会社を、4年後には前述の多国籍企業を創設、その経営にあたった。その後市場の拡大を求めて各地に進出するが、油田施設を接収された腹いせから反ソ的となり、ナチスの台頭とともに、その支持者となったことでも知られる。1902年ナイトに叙せられた。

[小林袈裟治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デターディング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デターディングの関連情報

関連キーワード

プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争徳川家茂アルルの女グリーグ孝明天皇スメタナ徳川慶喜メルビル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation